スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dark Is Risingシリーズ#4: The Grey King

Dark Is Risingシリーズ④

The Grey King (The Dark Is Rising)The Grey King (The Dark Is Rising)
(2010/10/31)
Susan Cooper

商品詳細を見る

★★★★☆

166冊目
2013.4.24. 読了
累計 2,319,902語

感想
シリーズ2冊目ではまだ未熟だった主人公ウィルは少しずつ自分の足で立つようになり、シリーズものは長い目で読まないといけないんだな、って反省。また、Light側のスタンスに疑問を投げかける人物が描かれたり、超常的な力にもめげずひたむきに強く生きる人間も描くなど、物語に深みもあり、ずっと読み応えがあった。
不思議な個性のアルビノの少年が物語を通して異彩を放ち、最後まで興味深かった。

224p
ーーー邦題 『灰色の王』 スーザン・クーパー著

内容(「BOOK」データベースより)
There is a Welsh legend about a harp of gold, hidden within a certain hill, that will be found by a boy and a white dog with silver eyes-- a dog that can see the wind. Will Stanton knew nothing of this when he came to Wales to recover from a severe illness. But when he met Bran, the strange boy who owned a white dog, he began to remember. For Will is the last-born of the Old Ones, immortals dedicated to saving the world from the forces of evil, the Dark. And it is Will's task to wake-- with the golden harp-- the six who must be roused from their long slumber in the Welsh hills to prepare for the last battle between the Dark and the Light.
ーーーーーーAmazonサイトより
スポンサーサイト

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Dark Is Risingシリーズ#2: Dark Is Rising

Dark Is Risingシリーズ②

The Dark Is RisingThe Dark Is Rising
(2010/09/30)
Susan Cooper

商品詳細を見る

★★☆☆☆

165冊目
2013.4.22. 読了
累計 2,264,986語

感想
シリーズ一冊目とはあまりに趣が異なり驚いた。一人を除いて登場人物も時代も舞台も異なる。また、1冊目はアドベンチャーといった感じで超常的な展開はなかったが2冊目はどっぷりとファンタジーだ。
この本で輝いていたのは、音や音楽の描写の数々だ。かつてない大雪が降り積もったイギリスの郊外でのクリスマスシーズンを舞台にしており、その中を流れる温かいクリスマスキャロルや神秘的な魔法のメロディ、兄弟の奏でる笛の音など、印象的に描かれていてその世界に引き込まれた。
また、主人公は7人兄弟の末っ子でその大家族の掛け合いが楽しく、お兄ちゃんお姉ちゃんたちの個性も魅力的で温かみがあった。
ただ、お話の主軸はイマイチだ。まず主人公ウィルはいたって平凡で個性と感情に乏しい。この少年が生まれながらに選ばれて、Darkとの戦いの使命を負うのだが、そこには強い意志も強い想いもない。また、実際は自分で何のイニシャチブもとらず、師匠となるおじいさんや仲間たちがほぼ全て手取り足取りやってくれ、集めないといけないしるしも向こうから次々と手にはいる。なぜこの少年が主人公なのか最後まで分からなかったが、この落ち着いたのんびりした性質が魅力なのかも。まだシリーズ途中なのでこれから大成して行くのかも。。

368p
ーーー邦題 『光の6つのしるし』 スーザン・クーパー著

内容(「BOOK」データベースより)
It is Midwinter's Eve, the night before Will's eleventh birthday. But there is an atmosphere of fear in the familiar countryside around him. Will is about to make a shocking discovery - that he is the last person to be born with the power of the Old Ones, and as a guardian of the Light he must begin a dangerous journey to vanquish the terrifyingly evil magic of the Dark.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Dark Is Risingシリーズ#1: Over Sea, Under Stone

Dark Is Risingシリーズ①

Over Sea Under Stone (The Dark is Rising)Over Sea Under Stone (The Dark is Rising)
(2010/09/30)
Susan Cooper

商品詳細を見る

★★★★☆

162冊目
2013.4.18. 読了
累計 2,171,893語

感想
発想の異なる三人の兄弟が、力を合わせて謎を解いていく。残念なのは、謎解明の道標となる地図や印も、島の位置関係の描写もかなり不足しているため、取り残される感覚がいなめない。地図が示されてたらどんなに楽しかったかと残念。。。
洞窟のシーンはハラハラしながらも、子供達の行動力を賞賛しつつ読んだ。私は弟のバーニーがとりわけ好きだった。そして、不思議な空気の漂うメリー叔父さんの存在感も好きだった。
続きが楽しみだ。

368p
ーーー邦題 『コーンウォールの聖杯』 スーザン・クーパー著

内容(「BOOK」データベースより)
On holiday in Cornwall, Simon, Jane and Barney Drew discover an ancient map in the attic of the Grey House, where they are staying with their mysterious Great-Uncle Merry. They know immediately that it is special. But it is much more than just a map. It is the start of a quest to find a grail, a source of great power that could contain - or resurrect - the powerful, age-old forces of evil in the world. And the Drews are not the only ones searching for it.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

The Song of the Lionessシリーズ#4: Lioness Rampant

The Song of the Lionessシリーズ④

Lioness Rampant (The Song of the Lioness)Lioness Rampant (The Song of the Lioness)
(2005/01/06)
Tamora Pierce

商品詳細を見る

★★★★★★

123冊目
2013.1.6. 読了
累計 898,313語

感想
★6つつけちゃいました。新しい登場人物のLiamの東洋の心を感じさせる生き様、以前は鼻についていた皇子の意地、主人公の父となった人物の懐の深さ、盗賊の王の一貫した振る舞いなど、主人公のみならず登場人物がみな輝いています。
最後まで読んでみて、主人公アラーナが人間として異彩を放っているだけでなく、女性としても本当に魅力的だと思いました。あまりにドラマチックな展開に一気に読み、涙の止まらなかった一冊です。

400p

内容(「BOOK」データベースより)
"I'm not sure I want to be a hero anymore."
Having achieved her dream of becoming the first female knight errant, Alanna of Trebond is not sure what to do next. Perhaps being a knight errant is not all that Alanna needs....But Alanna must push her uncertainty aside when a new challenge arises. She must recover the Dominion Jewel, a legendary gem with enormous power for good -- but only in the right hands. And she must work quickly. Tortall is in great danger, and Alanna's archenemy, Duke Roger, is back -- and more powerful than ever. In this final book of the Song of the Lioness quartet, Alanna discovers that she indeed has a future worthy of her mythic past -- both as a warrior and as a woman.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

The Song of the Lionessシリーズ#3: The Woman Who Rides Like a Man

The Song of the Lionessシリーズ③

The Woman Who Rides Like a Man (The Song of the Lioness)The Woman Who Rides Like a Man (The Song of the Lioness)
(2005/01/06)
Tamora Pierce

商品詳細を見る

★★★★☆

122冊目
2012.12.29. 読了
累計 831,785語

感想
いわゆる魔法だけでなく、かなり奇抜な魔法や儀式が出てきて、やや現実的な話とは感じにくかった(ファンタジーなので当然と言えば当然だが、それでも・・)。
主人公の、これまでと全く異なる環境でも自分の存在を確かなものにしていくたくましさがまぶしい。
4巻全体の中で、この本は葛藤と混迷の時期を描いていると言えるでしょう。だから、すこし爽快感には欠ける。

304p

内容(「BOOK」データベースより)
アランナ―たぐいまれな魔力と、戦士の技を兼ね備え、トートル王国でただひとりの女騎士となる。宮殿を出て、南の大砂漠へと旅立ったアランナは、思いがけなくも砂漠の民“バジール族”とともに暮らすことになるが、そこでまた新たな使命が待ちうけていた!魔法の技を磨くアランナの恋と冒険は新たな局面に入る!!騎士になる道を選んだ少女の、魔法と冒険のファンタジー。全米で少女達の圧倒的な支持を受けている。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

The Song of the Lionessシリーズ#2: In the Hand of the Goddess

The Song of the Lionessシリーズ②

In the Hand of the Goddess (The Song of the Lioness)In the Hand of the Goddess (The Song of the Lioness)
(2005/01/06)
Tamora Pierce

商品詳細を見る

★★★★★

121冊目
2012.12.20. 読了
累計 782,537語

感想
1冊目から2冊目にいく間に予想以上に時が流れていて、もっと細やかにすべて語ってほしい!と思ったりもしましがが、その分想像力が掻き立てられるところもあります。各章の間も比較的時間が経ってたりして、その采配が絶妙です。
そういえば、私も自分のキャリアを優先させたくて、この本の主人公のように女性としての気持ちや生き方とどう向き合えばいいのかわからず葛藤していたのを、懐かしく思い出しました。主人公がどう答えを出していくのか、ひたすらに楽しみです。
そして、私は相変わらず盗賊の王に首ったけ。
このシリーズはひょっとしたら男の子にはあまり人気がないかもしれないな、、、なんて思ったりもしました。

288p

内容(「BOOK」データベースより)
"I don't want to fall in love. I just want to be a warrior maiden."
Still disguised as a boy, Alanna becomes a squire to none other than the prince of the realm. Prince Jonathan is not only Alanna's liege lord, he is also her best friend -- and one of the few who knows the secret of her true identity. But when a mysterious sorceror threatens the prince's life, it will take all of Alanna's skill, strength, and magical power to protect him -- even at the risk of revealing who she really is...

Filled with swords and sorcery, adventure and intrigue, good and evil, Alanna's second adventure continues the saga of a girl who dares to follow her dreams -- and the magical destiny that awaits her.
Alanna's journey continues...
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

The Song of the Lionessシリーズ#1: Alanna the First Adventure

The Song of the Lionessシリーズ①

Alanna: The First Adventure (The Song of the Lioness)Alanna: The First Adventure (The Song of the Lioness)
(2005/01/06)
Tamora Pierce

商品詳細を見る

★★★★★

120冊目
2012.12.10. 読了
累計 737,393語

感想
鳥肌が立つくらい、興奮しながら読んだ。類まれなる根性で人生を切り開いていく女の子のお話。問題はいつも真正面から解決し、自分の心にもいつも真っすぐで、気持がいい。また、登場人物がみな人間味にあふれていて実に豊かなお話です。私は盗賊の王の言動に心を奪われっぱなし。お勧めの一冊です。

240p

内容(「BOOK」データベースより)
"From now on I'm Alan of Trebond, the younger twin. I'll be a knight."
And so young Alanna of Trebond begins the journey to knighthood. Though a girl, Alanna has always craved the adventure and daring allowed only for boys; her twin brother, Thom, yearns to learn the art of magic. So one day they decide to switch places: Disguised as a girl, Thom heads for the convent to learn magic; Alanna, pretending to be a boy, is on her way to the castle of King Roald to begin her training as a page.

But the road to knighthood is not an easy one. As Alanna masters the skills necessary for battle, she must also learn to control her heart and to discern her enemies from her allies.

Filled with swords and sorcery, adventure and intrigue, good and evil, Alanna's first adventure begins -- one that will leard to the fulfillment of her dreams and the magical destiny that will make her a legend in her land.
Alanna's journey continues...
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

プロフィール

AmazonLily

Author:AmazonLily
小さな日常の積み重ね、大事にしたいな♪
本を読むことで世界が広がりますように、、心が豊かになりますように、、

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ランキンク

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

本棚<ファンタジー>

本棚<ミステリー>

本棚<絵本>

本棚<児童書>

 

本棚〈Roald Dahl〉

★Newbery Award★

★Carnegie Medal★

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
1318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
61位
アクセスランキングを見る>>

訪問カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。