スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Owl Service【Carnegie Medal 1967】

The Owl Service ___ by Alan Garner
1967年 カーネギー賞受賞作品

The Owl ServiceThe Owl Service
(1992/07/15)
Alan Garner

商品詳細を見る

★★★☆☆

201冊目
2013.6.28. 読了
累計 3,022,262語

感想
物語のはじめから不思議なことがたくさん起こり、神秘的な谷の雰囲気に期待は高まって行くのだが、それに見あった物語の収まり方ではない気が、、。図書館で借りて読んだため、このページ以降は抜け落ちて何処かに紛失しているのでは、と疑ったくらいだ。

152p
ーーー邦題 『ふくろう模様の皿』 アラン・ガーナー著

内容(「BOOK」データベースより)
Winner of both the Guardian Award and the Carnegie Medal, this is an all-time classic, combining mystery, adventure, history and a complex set of human relationships. It all begins with the scratching in the ceiling. From the moment Alison discovers the dinner service in the attic, with its curious pattern of floral owls, a chain of events is set in progress that is to effect everybody's lives. Relentlessly, Alison, her step-brother Roger and Welsh boy Gwyn are drawn into the replay of a tragic Welsh legend -- a modern drama played out against a background of ancient jealousies. As the tension mounts, it becomes apparent that only by accepting and facing the situation can it be resolved.
ーーーーーーAmazonサイトより
スポンサーサイト

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Skellig【Carnegie Medal 1998】

Skellig ___ by David Almond
1998年 カーネギー賞受賞作品

SkelligSkellig
(2000/09/12)
David Almond

商品詳細を見る

★★★★☆

194冊目
2013.6.2. 読了
累計 2,899,472語

感想
謎は謎のままで、最後までいろんな疑問が湧き上がる。が、あまり気にならなず自然とありのままを受け入れたくなるお話かな。古いものから新しいもの、昔から今へ、か弱さから力強さへと言った脱皮系の感覚を大事にして綴られている。
主人公の少年と少女の柔らかい心が印象的。とりわけ、ホームスクーリングをしている少女の型にはまらない言動は惹きつけられた。

182p
ーーー邦題 『肩甲骨は翼のなごり』 デイビッド・アーモンド著

内容(「BOOK」データベースより)
David Almond’s Printz Honor–winning novel celebrates its 10th anniversary!
Ten-year-old Michael was looking forward to moving into a new house. But now his baby sister is ill, his parents are frantic, and Doctor Death has come to call. Michael feels helpless. Then he steps into the crumbling garage. . . . What is this thing beneath the spiders' webs and dead flies? A human being, or a strange kind of beast never before seen? The only person Michael can confide in is his new friend, Mina. Together, they carry the creature out into the light, and Michael's world changes forever. . . .
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

A Monster Calls【Carnegie Medal 2012】

A Monster Calls ___ by Patrick Ness
2012年 カーネギー賞受賞作品

A Monster CallsA Monster Calls
(2012/09/06)
Patrick Ness

商品詳細を見る

商品詳細を見る

★★★★★★

190冊目
2013.5.30. 読了
累計 2,851,572語

感想
凄い作品だと思う。
計算されたお話と違い、実際の出来事たちは奇想天外、複雑極まりない。収支は合わずとらえどころがなく呆然とすることもままある。そんな混沌とした中で前に進む力を湧き上がらせてくれるのがこのお話だ。
マイナスの感情は頭をよぎるだけで罪悪感を感じたり、悪意を心に燻らせてその後の展開に苦悩を感じることはないだろうか?どんなに心は千々に乱れ醜く荒れてても、葛藤のあと実際に踏み出す行動が一歩一歩カウントされて行くという発想はとても力強い。
挿絵がまた底知れないパワーがある。

212p
ーーー邦題 『怪物はささやく』 パトリック・ネス著

内容(「BOOK」データベースより)
Conor has the same dream every night, ever since his mother first fell ill, ever since she started the treatments that don't quite seem to be working. But tonight is different. Tonight, when he wakes, there's a visitor at his window. It's ancient, elemental, a force of nature. And it wants the most dangerous thing of all from Conor. It wants the truth. Bestselling novelist Patrick Ness takes the final idea of the late, award-winning writer Siobhan Dowd and weaves a heartbreaking tale of mischief, healing and above all, the courage it takes to survive.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

The Borrowers【Carnegie Medal 1952】

The Borrowers ___ by Mary Norton
1952年 カーネギー賞受賞作品

The BorrowersThe Borrowers
(2003/04/01)
Mary Norton

商品詳細を見る

★★★★☆

187冊目
2013.5.24. 読了
累計 2,771,708語

感想
宮崎駿の「借りぐらしのアリエッティ」の原作らしい。語り口が絶妙で、作り話じゃなくって本当なのかも、って心をくすぐられる。
Borrowersとあるが、全然借りてない。アイデアいっぱいの盗人ぐらしって感じかな。なぜかイソップ的な寓話の要素もにじみ出てるところが泥臭くて好き嫌いが分かれるかも。。
小人たちは決して可愛らしい性格ではない。妙に俗っぽい。そんな小人たちに真っ正面から向き合っている少年がなんとも魅力的に感じた。

180p
ーーー邦題 『床下の小人たち』 メアリー・ノートン著

内容(「BOOK」データベースより)
Pod, Homily, and Arrietty Clock's huge adventures have been thrilling children young and old for fifty years--and their appeal is as strong as ever in these handsome new paperback packages. While the original beloved interior illustrations by Beth and Joe Krush have been retained, Marla Frazee's striking cover illustrations capture these little people with a larger-than-life appeal.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

The Graveyard Book【Carnegie Medal 2010】

The Graveyard Book ___ by Neil Gaiman
2010年 カーネギー賞受賞作品

The Graveyard BookThe Graveyard Book
(2009/10/06)
Neil Gaiman、Dave McKean 他

商品詳細を見る

★★★★★★

185冊目
2013.5.20. 読了
累計 2,678,797語

感想
身震いするほど力強い作品だった。作者の感性にひたすら脱帽する。
人を育てるものが何なのか原点に引きずり戻された気がした。そして、少年時代は何へ向かって飛び出すための期間なのか、子育てしている今のうちにこの本に出会えたことに感謝だ。

307p
ーーー邦題 『墓場の少年』 ニール・ゲイマン著

内容(「BOOK」データベースより)
Nobody Owens, known to his friends as Bod, is a normal boy.
He would be completely normal if he didn't live in a sprawling graveyard, being raised and educated by ghosts, with a solitary guardian who belongs to neither the world of the living nor of the dead.
There are dangers and adventures in the graveyard for a boy-an ancient Indigo Man beneath the hill, a gateway to a desert leading to an abandoned city of ghouls, the strange and terrible menace of the Sleer.
But if Bod leaves the graveyard, then he will come under attack from the man Jack—who has already killed Bod's family. . . .
Beloved master storyteller Neil Gaiman returns with a luminous new novel for the audience that embraced his New York Times bestselling modern classic coraline. Magical, terrifying, and filled with breathtaking adventures, the graveyard book is sure to enthrall readers of all ages.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

The Ghost Drum【Carnegie Medal 1987】

The Ghost Drum ___ by Susan Price
1987年 カーネギー賞受賞作品

The Ghost DrumThe Ghost Drum
(1989/03/20)
Susan Price

商品詳細を見る

★★★★★

167冊目
2013.4.26. 読了
累計 2,361,902語

感想
魔法もあるし、非現実的なことも起こるが、その中に普遍の真実が輝き、インパクトのある作品だった。白夜のある北の大地で圧政の中息づく歴史の流れが不思議な迫力で目の前に浮かび上がってくる感じ。
作者の表現に感性の鋭さを感じた。そして、数は多いほうではないかもしれないが、比喩とはこうであってこそ、というその場の空気を高める言葉の数々に唸ってしまう。

176p
ーーー邦題 『ゴースト・ドラム〜北の魔法の物語』 スーザン・プライス著

内容(「BOOK」データベースより)
Czar Guidon kept his son Safa imprisoned in a tower. His power could only be matched by the witch-girl Chingis. Out of the frozen wastes she studied the words and runes that would give her power to understand the messages of the ghost drum. At last she heard Safa's cries...This book was awarded the 1987 Library Association's Carnegie Medal.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

A Pack of Lies【Carnegie Medal 1988】

A Pack of Lies ___ by Geraldine McCaughrean
1988年 カーネギー賞受賞作品

A Pack of LiesA Pack of Lies
(2011/12/22)
Geraldine McCaughrean

商品詳細を見る

★★★★☆

155冊目
2013.4.5. 読了
累計 1,948,444語

感想
骨董屋を舞台に、まことしやかに嘘の数々を魂を込めて語る謎の主人公MCCを中心に展開される物語。このMCCが、かつてないタイプの魅力的な人物。豊かな感性を持っていて、恐ろしく機転のきく策士で、人に食われることがない。そしてその嘘が骨董屋にくる客たち、そして骨董屋の娘アイルサの世界を変えていく。小説家も作り話をこんな誇りで送り出しているのだろう。MCCの語る話は、イギリスの歴史上の色々な時代の出来事で、とても印象深いショートストーリーになっている。自分たちの写真を飾って家族の歴史を日頃から抱きしめるのと同じで地域や人々の出来事や想いを大事にするきっかけを生活に取り込んで行く豊かさを感じた。
最後は物語と現実、嘘と実のの境界がはっきりしないこの本らしい終わり方だ。そして不思議と満足感が残る。

226p
ーーー邦題 『不思議を売る男』 ジェラルディン・マコックラン著

内容(「BOOK」データベースより)
Ailsa doesn't trust MCC Berkshire, the mysterious man helping out in her mother's antique shop. He tells wonderful stories about all the antiques, and his stories persuade the customers to buy the items he talks about, but everything he says is a pack of lies, isn't it? The story of Ailsa and MCC is interwoven with the stories MCC tells the customers, which range from romances to adventure stories; from crime dramas to pirate stories; from stories set in modern-day Ireland to stories set in ancient China.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

The Little White Hors【Carnegie Medal 1946】

The Little White Horse ___ by Elizabeth Goudge
1946年 カーネギー賞受賞作品

Little White HorseLittle White Horse
(2011/05/20)
Elizabeth Goudge

商品詳細を見る

★★☆☆☆

150冊目
2013.3.16. 読了
累計 1,795,436語

感想
ネタバレになってしまいます。
これはいろんな点で抵抗を感じる話だ。何とか最後までたどり着いたが、心に響くにはほど遠かった。おそらく小学生の時に読んだら、古城のお姫様気分でもう少しワクワクおとぎ話を楽しめたかもしれない。
まず最初の3分の1以上を登場人物と舞台となるお部屋の描写や屋敷や領土の細かい説明に取られている。確かに非日常的な19世紀の古城を舞台にした話なので、詳しい描写は実際に自分が古城にいる感覚を与えてもくれるが、かなりしつこい。私は領土も城も見取り図がかける気がした。
そして、ロンドンから田舎の古城に移り住んだにもかかわらず、数少ない登場人物は嘘みたいに昔からのゆかりのあるひとたちばかり。そして、従兄弟どおしで結婚を続ける設定もなんだかさわやかでない。
何より登場人物は人間というよりいわゆるおとぎ話のいいもん、悪いもんで、厚みに乏しい。この物語で一番魅力を感じたのは、不思議な知性を持つライオンと黒猫、野うさぎだ。神秘的な動物たちとの冒険は楽しくもあるが、それに水をさすのが不必要な描写の数々だ。これらの他に馬と犬が登場するのだが、どういうわけか各場面で動物たちが誰の隣にいるとか右手にいるとか、詳しい位置を毎回説明される。そして、そこらへんにいる小鳥たちをつけくわえ、花の名前を列挙するのも忘れないときている。
ハッピーエンドなのだろうが、怒りさえ感じた理由を3つほど。。。
1. 昔喧嘩別れした許嫁どおしが仲直りするシーン。女性は男性の手の届かないところに行きたくて他の人と結婚し子どももいるが、夫は死んでしまう。男性は独身を貫いていた。女性は喧嘩の原因を謝って欲しいと固執し、男性は進んで謝る。女性は喧嘩の原因を謝らないばかりか他も男性に嫁いだことにも良心の呵責なし。二人はこのあとずっと幸せでしたと言われて、納得できますか?
2. ブラックウィリアムズの子孫夜の一族が出てくるのだが、邪悪という設定で、黒のものを身にまとい持っている船も黒い。ところが、主人公は黒なんて醜いし、邪悪じゃなくなったらカラフルな船になるだろうと言い放つ。そして闇の一族に邪悪なことはしてくれるなと交渉しうまくいくと、なんと黒の一族は船をカラフルに塗り、湾は美しくなりました、とある。黒は個性あるいはアイデンティティに近いものだったのではないのか、とびっくり。そんな画一的な世界なのかとがっかり。
3. 実際に本物に会って1週間くらいの子と13歳で結婚を決め、14歳で結婚し、言い争いは一回もせず幸せに暮らしました、という終わり方はあまりに現実味に乏しい。
他にも、独善的な神父の存在や女性蔑視とも取れる発言が当然のように繰り返されるなど、気になるところは山程あったが、五つ星の評価の方も多いようなので、やはり人それぞれ本の感じ方は違うのだなと興味深い。
時に表現が美しいと感じることがあったのは楽しめたかな。
これほど批判的な気持ちになったお話は多読を始めてから始めてだった。

226p
ーーー邦題 『まぼろしの白馬』 エリザベス・グージ著

内容(「BOOK」データベースより)
'For a fleeting instant Maria thought she saw a little white horse with a flowing mane and tail, head raised, poised, halted in mid-flight, as though it had seen her and was glad.' The beautiful valley of Moonacre is shadowed by the memory of the Moon Princess and the mysterious little white horse. When Maria Merryweather comes there on a visit she finds herself involved with an ancient feud. She is determined to restore peace and happiness to the whole of Moonacre Valley. And Maria usually gets her own way. . .
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

プロフィール

AmazonLily

Author:AmazonLily
小さな日常の積み重ね、大事にしたいな♪
本を読むことで世界が広がりますように、、心が豊かになりますように、、

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ランキンク

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

本棚<ファンタジー>

本棚<ミステリー>

本棚<絵本>

本棚<児童書>

 

本棚〈Roald Dahl〉

★Newbery Award★

★Carnegie Medal★

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
1505位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
64位
アクセスランキングを見る>>

訪問カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。