スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Frog and Toad are Friemds ___ by Arnold Lobel

Frog and Toad are Friends ___ by Arnold Lobel

Frog and Toad Are FriendsFrog and Toad Are Friends
(2003/02/18)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

★★★★★

188冊目
2013.5.28. 読了
累計 2,773,983語

感想
時間がゆっくり流れ、何とも温かい気持ちになる。私はボタンをみんなで探すお話が特に好きだったな。

64p
ーーー邦題 『ふたりはともだち』 アーノルド・ローベル著

内容(「BOOK」データベースより)
フロッグとトードは、同じ意見だった。今日は泳ぐにもってこいの日だ。トードが頼んだので、やさしいフロッグはトードの水着姿を見ないようにした。ところが泳ぎ終えてみると、みんながトードのおかしな水着を見に集まってきて、2人とも追い払うことができなくなってしまう。
このかわいらしいペアは、なくしたボタンを探したり、春にあいさつをしたり、郵便を待ったり、5つのすてきな物語をぴょんぴょん飛び回る。2人が互いを心から思いやる気持ちはすばらしく、トードとフロッグは両生類の姿をしたすばらしいお手本だ。子どもたちはフロッグと一緒にトードが愚かしい努力をするのを見て、くすくす笑うだろう。そして長い冬眠からついに目覚めるトードに、きっと拍手を送ることだろう。5番目の物語は、いつかペンパルを持とうという人や、本当に信頼のおける友だちがいるのがどんなことか知っている人なら、誰でも心があたたまることだろう。
ーーーーーーAmazonサイトより
スポンサーサイト

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Mouse Soup ___ by Arnold Lobel

Mouse Soup ___ by Arnold Lobel

Mouse Soup (I Can Read Book 2)Mouse Soup (I Can Read Book 2)
(1983/09/07)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

★★★★★

181冊目
2013.5.12. 読了
累計 2,518,082語

感想
こういうウィットのあるマウスは大好きだ。傷だらけになって集めてるイタチくんはちょっと気の毒だけど、、。
最後に小さな暖炉に火を灯して本を読んでる空間が妙に魅力的。

64p
ーーー邦題 『おはなしばんざい』 アーノルド・ローベル著

内容(「BOOK」データベースより)
Weasel is ready for his dinner, and poor Mouse is it. Can he stop the weasel from serving up mouse soup for supper?
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Mouse Tales ___ by Arnold Lobel

Mouse Tales ___ by Arnold Lobel

Mouse Tales (I Can Read Book 2)Mouse Tales (I Can Read Book 2)
(1978/10/25)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

★★★★☆

180冊目
2013.5.12. 読了
累計 2,516,743語

感想
お母さんのところに行くために、車も乗りつぶし、スケート靴もブーツも運動靴も履きつぶし、足もボロボロにしてたどり着くお話が好きだな。
どれも可愛らしい発想のものばかり。

64p
ーーー邦題 『とうさんおはなしして』 アーノルド・ローベル著

内容(「BOOK」データベースより)
When Papa's seven little mouse boys ask for a bedtime story, Papa does even better than that—he tells seven stories, one for each boy!
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Frog and Toad Together ___ by Arnold Lobel

Frog and Toad Together ___ by Arnold Lobel

Frog and Toad Together (I Can Read Book 2)Frog and Toad Together (I Can Read Book 2)
(1979/10/03)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

★★★★★

179冊目
2013.5.12. 読了
累計 2,515,258語

感想
花をそだてようと必死に頑張ってるToadくんが愛おしい。花を育てるのは確かに大変だと納得してるToadくん、子育てしてる母親も外野で同じような感じで頑張ってるんだろうな。。。

64p
ーーー邦題 『ふたりはいっしょ』 アーノルド・ローベル著

内容(「BOOK」データベースより)
がまくん(Toad)とかえるくん(Frog)。ふたりは仲良しで、いつもさまざまなことを考えている。ときには相談したり、実験したり、いっしょに解決することもある。本書に納められている5話は、どれも最後にホッと、友だちがいてよかった、と思わせてくれる作品だ。作者自身も「自分にはどちらの性格も入っているよ」と語ったことがあるそうだ。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Days with Frog and Toad ___ by Arnold Lobel

Days with Frog and Toad ___ by Arnold Lobel

Days with Frog and ToadDays with Frog and Toad
(2004/02/03)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

★★★★☆

177冊目
2013.5.9. 読了
累計 2,505,054語

感想
Frogからのプレゼントを大事にしたくて、穴に落ちたり木にぶつかるToadが大好きだ。なんとも可愛らしいお話。
そして、お茶目な飛ばし方をする凧上げの話も好きだったな。

64p
ーーー邦題 『ふたりはきょうも』 アーノルド・ローベル著

内容(「BOOK」データベースより)
Frog and Toad enjoy spending their days together. They fly kites, celebrate Toad's birthday, and share the shivers when Frog tells a scary story. Most of all, they have fun together—every day of the year.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Frog and Toad All Year ___ by Arnold Lobel

Frog and Toad All Year ___ by Arnold Lobel

Frog and Toad All YearFrog and Toad All Year
(1984/09/05)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

★★★★★

176冊目
2013.5.9. 読了
累計 2,502,980語

感想
なんとも温かみがあるお話ですね。皆に愛されているのもうなずけます。私は、プレゼントを持ってクリスマスパーティーにやって来たFrogと、縄とフライパンと灯りを持って出かけようとするToadが出くわす場面の絵が一番好きだったな。

68p
ーーー邦題 『ふたりはいつも』 アーノルド・ローベル著

内容(「BOOK」データベースより)
フロッグとトードのファンたちはこの続編で、有名な両生類のペアがどんなことを楽しんでいるか、季節を通じて垣間見ることができる。4つの季節に加え、クリスマスのお祝いにと、2人ははしゃぎまわる。雪に覆われた丘をトードと一緒に滑り、フロッグとともに春を見つけ、溶けたチョコレートアイスクリームの下に隠れているのは誰か発見しよう。言葉の世界に足を踏み入れたばかりの子どもたちを楽しませる、簡潔な言語とユニークな冒険。本に親しみ始めた読者は、ひとりで各章を読み進む快感を味わえるだろう。優しさと思いやりにあふれた友情を反映するように、愛らしいペアはとても暖かいブラウンととてもソフトなグリーンで描かれている。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

The Tale of Timmy tiptoes


The Tale of Timmy Tiptoes (Potter)The Tale of Timmy Tiptoes (Potter)
(2002/09/16)
Beatrix Potter

商品詳細を見る

★★★★☆

2011.12.7. 読了

感想
愚かな人たちは何をするかわからなくて恐ろしい。
リスの世界でもそうなんだなぁと。

64p

出版社 / 著者からの内容紹介
りすのチミーは冬に備えて木の実をたくわえたのですがほかのりすたちは、自分のをとられたと勘ちがいして。
読んであげるなら:4才から
自分で読むなら:小学低学年から
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 絵本
genre : 本・雑誌

The Tale of Johnny Town-mouse


The Tale of Johnny Town-mouse (Potter)The Tale of Johnny Town-mouse (Potter)
(2002/09/16)
Beatrix Potter

商品詳細を見る

★★★☆☆

2011.12.7. 読了

感想
田舎暮らしのみずみずしい幸せ感がイソップの話よりよく表れている。

64p

内容説明
After visiting each other's homes, Johnny Town-Mouse and Timmy Willy who lives in the country, decide that they prefer their own place.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 絵本
genre : 本・雑誌

プロフィール

AmazonLily

Author:AmazonLily
小さな日常の積み重ね、大事にしたいな♪
本を読むことで世界が広がりますように、、心が豊かになりますように、、

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ランキンク

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

本棚<ファンタジー>

本棚<ミステリー>

本棚<絵本>

本棚<児童書>

 

本棚〈Roald Dahl〉

★Newbery Award★

★Carnegie Medal★

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
1235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
59位
アクセスランキングを見る>>

訪問カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。