スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The BFG ___ by Roald Dahl

The BFG ___ by Roald Dahl

The BFGThe BFG
(2007/08/16)
Roald Dahl

商品詳細を見る

★★★☆☆

148冊目
2013.3.9. 読了
累計 1,696,983語

感想
う〜ん、、、。人食い鬼の話でまずあまり気持ちの良くない話だというのもあるのだろうが、なかなか心からは楽しめなかった。また、主人公のBFGの英語は造語も多いし、そもそも学校に行ったことがなく自分で学んだ独自のスタイルの言葉遣いであるためか、わかりにくくややとっつきにくかった。
この本が書かれたいきさつについて最後書かれているのだが、それは微笑ましかった。
一番のお気に入りのシーンは、後半、地図にない世界に突入して行くパイロットたちのシーンかな。
初めてこれだけ同じ作者の本をいっぱい読んだのだが、やはりそうすることで見えてくるものもあり、のんびりこういった読み方をして行きたいと感じた。

199p
ーーー邦題 『オ・ヤサシ巨人 BFG』 ロアルド・ダール著

内容(「BOOK」データベースより)
Captured by a giant!
The BFG is no ordinary bone-crunching giant. He is far too nice and jumbly. It's lucky for Sophie that he is. Had she been carried off in the middle of the night by the Bloodbottler, or any of the other giants—rather than the BFG—she would have soon become breakfast. When Sophie hears that the giants are flush-bunking off to England to swollomp a few nice little chiddlers, she decides she must stop them once and for all. And the BFG is going to help her!
ーーーーーーAmazonサイトより
スポンサーサイト

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

The Witches ___ by Roald Dahl

The Witches ___ by Roald Dahl

The WitchesThe Witches
(2007/09/06)
Roald Dahl

商品詳細を見る

★★★★☆

147冊目
2013.3.8. 読了
累計 1,660,055語

感想
"本物の魔女の話だよ"と、私でもぞくっと興味をそそられて始まるこの話。相変わらずとんでもない話なのだが、その中にダールそのもののようなしなやかで強靭な魂が溢れていて、輝くもののある本だった。
どんな出来事も主人公の男の子とこのおばあちゃんみたいに捉えてたらいつだって人生を謳歌できるのだろう。最後の数枚の挿絵たちはあまりに温かみがあり、豊かな気持ちで読み終えた。

201p
ーーー邦題 『魔女がいっぱい』 ロアルド・ダール著

内容(「BOOK」データベースより)
"This is not a fairy tale. This is about real witches." So begins one of Roald Dahl's best books ever, and, ironically, it is such a great story because the premise is perfectly plausible from the outset. When the narrator's parents die in a car crash on page two (contrast this terribly real demise with that of James's parents who are devoured by an escaped rhinoceros in James and the Giant Peach), he is taken in by his cigar-smoking Norwegian grandmother, who has learned a storyteller's respect for witches and is wise to their ways.
The bond between the boy and his grandmother becomes the centerpiece of the tale--a partnership of love and understanding that survives even the boy's unfortunate transformation into a mouse. And once the two have teamed up to outwitch the witches, the boy's declaration that he's glad he's a mouse because he will now live only as long as his grandmother is far more poignant than eerie.
Of course, there's adventure here along with Dahl's trademark cleverness and sense of the grotesque. Dahl also communicates some essential truths to children: if they smoke cigars, they'll never catch cold, and, most importantly, they should never bathe, because a clean child is far, far easier for a witch to smell than a dirty one. (Ages 7 to 10, or read aloud to younger children) --This text refers to the Hardcover edition.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Matilda ___ by Roald Dahl

Matilda ___ by Roald Dahl

MatildaMatilda
(2007/08/16)
Roald Dahl

商品詳細を見る

★★★★★

146冊目
2013.3.7. 読了
累計 1,623,508語

感想
これは面白い!マチルダのはじける知性と心が圧倒的にみじめそうな状況を吹き飛ばして行く様子は爽快。ただ生まれ持ったものだけでなく、本の世界で培ったであろう豊かな心が人生を開いて行く様に温かい気持ちになる。やはり本が蒔いてくれる種は底知れない。血は水よりも濃いっていうけど、水の方の絆が強く素敵になり得ると、子どもの世界を広げうる本でもあるだろう。
最初のマチルダの読書シーンが何やら魅力的で私もこの2日ホットドリンクを横に読書時間を楽しんでいる。

240p
ーーー邦題 『マチルダは小さな大天才』 ロアルド・ダール著

内容(「BOOK」データベースより)
“The Trunchbull” is no match for Matilda!
Matilda is a sweet, exceptional young girl, but her parents think she's just a nuisance. She expects school to be different but there she has to face Miss Trunchbull, a kid-hating terror of a headmistress. When Matilda is attacked by the Trunchbull she suddenly discovers she has a remarkable power with which to fight back. It'll take a superhuman genius to give Miss Trunchbull what she deserves and Matilda may be just the one to do it!
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Going Solo ___ by Roald Dahl

Going Solo ___ by Roald Dahl

Going SoloGoing Solo
(2008/09/04)
Roald Dahl

商品詳細を見る

★★★★★

145冊目
2013.3.5. 読了
累計 1,583,723語

感想
息を殺して夢中で読んだ感じだ。開いた口がふさがらないようなダールの驚愕の若き日の3年間の体験が綴られている。仕事で赴任したアフリカでの体験とその後の第二次世界大戦中の戦闘機パイロットとしての体験は、ダールの強烈な個性と共に読んだら最後、心に焼きつくような話だ。
生存確率の著しく低そうな世界で自分らしく思うままに生き抜いたダールにひたすら尊敬の念を感じる。
最後の1ページは涙が溢れた。
また、この本を読んで初めて、ダールの書くお話で生き物たちが存在感たっぷりなのも、次から次へと未知の怪物と嬉々として戦うワンカ氏のドタバタ劇(Great Glass Elevatorの話)を書いた心境も、ストンと胸に落ちるものがあった。

210p
ーーー邦題 『単独飛行』 ロアルド・ダール著

内容(「BOOK」データベースより)
Going Solo tells of how, when he grew up, Roald Dahl left England for Africa and a series of daring and dangerous adventures began.From tales of plane crashes to surviving snake bites, read all about Roald Dahl's life before becoming the world's number-one storyteller. This book is full of exciting and strange things - some funny, some frightening, all true.'I have only written about those moments that I consider memorable' - Roald Dahl Roald Dahl, the best-loved of children's writers, was born in Wales of Norwegian parents. After school in England he went to work for Shell in Africa. He began to write after "a monumental bash on the head", sustained as an RAF pilot in World War II. Roald Dahl died in 1990.Quentin Blake is one of the best-known and best-loved children's illustrators and it's impossible now to think of Roald Dahl's writings without imagining Quentin Blake's illustrations.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

Boy: Tales of Childhood ___ by Roald Dahl

Boy: Tales of Childhood ___ by Roald Dahl

Boy: Tales of ChildhoodBoy: Tales of Childhood
(2008/09/04)
Roald Dahl

商品詳細を見る

★★★★☆

144冊目
2013.3.2. 読了
累計 1,527,030語

感想
火のないところに煙はたたぬとは、こういうときにも使えるのだろうか。ダールの書くお話の核となるような体験や出来事がちりばめられていて、新鮮だった。やはり体験があってこそ、あれだけ面白いお話になるのだろう。
そして今から100年くらい前の世界は、別世界であんぐりするようなことがいっぱいあり、その中を生き延びていったすべての人たちがなにやらいとおしく感じられた。
ダールの兄弟についてはあまり個性などは語られていないが、お父さん、お母さんの魅力的な性格は伝わってきた。一読の価値のあるお話だ。

176p
ーーー邦題 『少年』 ロアルド・ダール著

内容(「BOOK」データベースより)
Where did Roald Dahl get all of his wonderful ideas for stories?
From his own life, of course! As full of excitement and the unexpected as his world-famous, best-selling books, Roald Dahl's tales of his own childhood are completely fascinating and fiendishly funny. Did you know that Roald Dahl nearly lost his nose in a car accident? Or that he was once a chocolate candy tester for Cadbury's? Have you heard about his involvement in the Great Mouse Plot of 1924? If not, you don’t yet know all there is to know about Roald Dahl. Sure to captivate and delight you, the boyhood antics of this master storyteller are not to be missed!
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Famous Fiveシリーズ#1: Five on a Treasure Island

Famous Fiveシリーズ①

Five on a Treasure Island (Famous Five)Five on a Treasure Island (Famous Five)
(1997/03/19)
Enid Blyton

商品詳細を見る

★★★☆☆

132冊目
2013.1.29. 読了
累計 1,166,121語

感想
アメリカのBoxcar Childrenシリーズのように、イギリスではこのFamous Fiveシリーズが50年以上読み継がれている小学生の定番図書らしい。私はBoxcar Childrenの方が数段好きだった。より自分たちの工夫と努力で冒険を手繰り寄せており、また思慮深く凛とした気品がある子達で気持ちよかったからかなと思う。こちらのFamous Fiveの方は登場人物がやや俗っぽく.冒険の目的も俗っぽい感じ。とりわけ貧しいせいで不機嫌でとっつきにくかった叔父さんは、お金持ちになったのでやさしくなりましたーーという展開には馴染めなかった。子供達は、子ども特有のわがままや反抗心、無鉄砲さを色濃く持つため、親近感は感じやすいかなとも思う。
Boxcar Childrenと比べず考えれば、ユニークな犬のティモシーと一緒になって気持ちの赴くままに難破船のお宝の冒険に飛び込んでゆくストーリーはワクワクするし、男の子になりたい女の子ジョージの言動は個性的で面白かった。

192p

内容(「BOOK」データベースより)
The very first Famous Five adventure, featuring Julian, Dick, Anne, not forgetting tomboy George and her beloved dog, Timmy! There's a shipwreck off Kirrin Island! But where is the treasure? The Famous Five are on the trail - looking for clues - but they're not alone! Someone else has got the same idea. Time is running out for the Famous Five, who will follow the clues and get to the treasure first? These classic editions feature Enid Blyton's unchanged text and Eileen A. Soper's original illustrations.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Danny the Champion of the World ___ by Roald Dahl

Danny the Champion of the World ___ by Roald Dahl

Danny the Champion of the WorldDanny the Champion of the World
(2007/08/16)
Roald Dahl

商品詳細を見る

★★★★★

131冊目
2013.1.27. 読了
累計 1,129,121語

感想
この本の持つ独特の穏やかな空気感が好きだった。主人公ダニーの父親は、一般の倫理観と多少(かなり?)外れてても自分の世界を強く持ち、温かくてお茶目でささやかな知恵の宝庫、そして時に頼もしく息子を守り、いつも息子と共にある、魅力的な存在だ。ダールはこんな父親を目指してたのだろうか。ダール自身はわずか4歳で父親を亡くしたことを思うと胸が熱くなる。
密漁の喜びに息子を引きずりこんじゃったりして、ダニーの将来は大丈夫なのか!?と何やら心配にもなってしまうのですが、本に出てくる大人達も立派な職に付きながら密漁に夢中で普通に暮らしてるので杞憂なのかもしれない。が、本の最後に雷雲が描かれており、嵐がくることを示唆する部分があることがとても気になるところだ。ダニーを見てても、人を育てるのはお仕着せの倫理観ではないということなのかもしれないですね、、、。

224p

内容(「BOOK」データベースより)
ダニィの父さんは、楽しいことをつぎつぎと考えだす、世界一すてきな父さんだ。ところがある夜、ダニィが目をさますと父さんがいない…?なんと父さんは、遠くの森で夜中にこっそりキジを密猟していたのだ…。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Charlie and the Great Glass Elevator ___ by Roald Dahl

Charlie and the Great Glass Elevator ___ by Roald Dahl

Charlie and the Great Glass ElevatorCharlie and the Great Glass Elevator
(2007/08/16)
Roald Dahl

商品詳細を見る

★★★☆☆

130冊目
2013.1.23. 読了
累計 1,089,607語

感想
このお話が好きな方、ごめんなさい。私はドタバタ劇の連続で、好きにはなれませんでした。アメリカだけでなく、世界の国々、政治家に対する侮蔑が著しく、気分が悪くなります。
また、前作のCharlie and the Chocolate Factoryでは孫思いの仲のよいおじいちゃんおばあちゃんたちが、この作品では自分中心で、他人に責任をおしつけ、言葉悪しざまにののしる様子は残念で読むに堪えなかったです。いろいろな出来事を経てなお、最後まで結局自分中心でがっかりですし。
そうした中、ワンカ氏の魅力は前作よりも強烈に訴えるものがあり、すっかり魅了されました。”もし~だったら・・・”なんて言ってたら何にもできない!といつも思い切って行動し、またどんな状況になってもとてつもなくポジティブで、熱いハートがあります。
チャーリーがワンカ氏の後を継ぐにはまだまだ学ぶべきことがいろいろありそうで、チャーリーの今後の成長に想像が膨らみます。

178p

内容(「BOOK」データベースより)
『Charlie and the Chocolate Factory』(邦題『チョコレート工場の秘密』)の続編。チャーリー・バケットとその家族、そして変わり者のチョコレート工場経営者ウィリー・ワンカの冒険は、本書『Charlie and the Great Glass Elevator』でまだまだ続く。今回、我らがヒーローたちの冒険は、ガラス張りのエレベーターで空高く飛んでいくところから始まる。行き先は不明。その後に展開される奇想天外な騒動の数々は、ウィリー・ワンカとワンカを生んだロアルド・ダールに対する読者の期待を裏切ることはない。アメリカの宇宙開発競争や大統領に対する皮肉あり、チャーリーの祖父母が子どもに戻ってしまうハプニングあり。ヴァーミシャス・ニッズ、ヌーリーズ、マイナスランドという未知の世界に放り込まれたワンカやチャーリーの冒険は見逃せない。(
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

プロフィール

AmazonLily

Author:AmazonLily
小さな日常の積み重ね、大事にしたいな♪
本を読むことで世界が広がりますように、、心が豊かになりますように、、

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ランキンク

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

本棚<ファンタジー>

本棚<ミステリー>

本棚<絵本>

本棚<児童書>

 

本棚〈Roald Dahl〉

★Newbery Award★

★Carnegie Medal★

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
726位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
38位
アクセスランキングを見る>>

訪問カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。