スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューベリー賞 受賞作品リスト

Newbery Award (ニューベリー賞)

アメリカ合衆国における最も優れた児童文学の著者に与えられる賞。アメリカ図書館協会の下位組織であるAssociation for Library Service to Children(児童図書館協会)が運営している。1922年に開始され、世界で最も古い児童文学賞。優れた絵本に贈られるコールデコット賞(Caldecott Medal)と並び、アメリカ合衆国において最も重要な児童文学賞だと見なされている。
佳作に対してはNewbery Honor(ニューベリー名誉賞)が与えられる。

下記はNewbery Award(☆印)と、私が読みたいとピックアップしたNewbery Honorの一部(*印)をリストにしたもの。
赤字は、既読。

Newbery Winners
2013 : ☆The One and Only Ivan by Katherine Applegate
2012 : ☆Dead End in Norvelt by Jack Gantos
2011 : ☆Moon over Manifest by Clare Vanderpool
2010 : ☆When You Reach Me by Rebecca Stead
2009 : ☆The Graveyard Book by Neil Gaiman
2008 : ☆Good Masters! Sweet Ladies! by Laura Amy Schlitz
2007 : ★The Higher Power of Lucky by Susan Patron
2006 : ☆Criss Cross by Lynne Rae Perkins
2005 : ☆Kira-Kira by Cynthia Kadohata
2004 : ☆The Tale of Despereaux by Kate DiCamillo
2003 : ☆Crispin: The Cross of Lead by Avi
2002 : ☆A Single Shard by Linda Sue Park
2001 : ☆A Year Down Yonder by by Richard Peck
2000 : ☆Bud, Not Buddy by Christopher Paul Curtis
1999 : ★Holes by Louis Sachar
1998 : ☆Out of the Dust by Karen Hesse
1997 : ★The View from Saturday by E.L. Konigsburg
1996 : ☆The Midwife's Apprentice by Karen Cushman
1995 : ★Walk Two Moons by Sharon Creech
1994 : ★The Giver by Lois Lowry
1993 : ☆Missing May by Cynthia Rylant
1992 : ☆Shiloh by Phyllis Reynolds Naylor
1991 : ☆Maniac Magee by Jerry Spinelli
1990 : ★Number the Stars by Lois Lowry
1989 : ☆Joyful Noise: Poems for Two Voices by Paul Fleischman
1988 : ☆Lincoln: A Photobiography by Russell Freedman
1987 : ☆The Whipping Boy by Sid Fleischman
1986 : ☆Sarah, Plain and Tall by Patricia MacLachlan
1985 : ☆The Hero and the Crown by Robin McKinley
1984 : ★Dear Mr. Henshaw by Beverly Cleary
1983 : ☆Dicey's Song by Cynthia Voigt
1982 : ★A Visit to William Blake's Inn by Nancy Willard
1981 : ☆Jacob Have I Loved by Katherine Paterson
1980 : ☆A Gathering of Days: Girl's Journal by Joan W. Blos
1979 : ☆The Westing Game by Ellen Raskin
1978 : ★Bridge to Terabithia by Katherine Paterson
1977 : ☆Roll of Thunder, Hear My Cry by Mildred D. Taylor
1976 : ★The Grey King (The Dark is Rising ) by Susan Cooper
1975 : ☆M. C. Higgins, the Great by Virginia Hamilton
1974 : ☆The Slave Dancer by Paula Fox
1973 : ☆Julie of the Wolves by Jean Craighead George
1972 : ☆Mrs. Frisby and the Rats of NIMH by Robert C. O'Brien
1971 : ☆Summer of the Swans by Betsy Byars
1970 : ★Sounder by William H. Armstrong
1969 : ☆The High King by Lloyd Alexander
1968 : ★From the Mixed-Up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler by E.L. Konigsburg
1967 : ☆Up a Road Slowly by Irene Hunt
1966 : ☆I, Juan de Pareja by Elizabeth Borton de Trevino
1965 : ☆Shadow of a Bull by Maia Wojciechowska
1964 : ☆It's Like This, Cat by Emily Neville
1963 : ☆A Wrinkle in Time by Madeleine L'Engle
1962 : ☆The Bronze Bow by Elizabeth George Speare
1961 : ☆Island of the Blue Dolphins by Scott O'Dell
1960 : ☆Onion John by Joseph Krumgold
1959 : ☆The Witch of Blackbird Pond by Elizabeth George Speare
1958 : ☆Rifles for Watie by Harold Keith
1957 : ☆Miracle on the by Virginia Sorensen
1956 : ☆Carry On, Mr. Bowditch by Jean Lee Latham
1955 : ☆The Wheel on the School by Meindert DeJong
1954 : ☆...And Now Miguel by Joseph Krumgold
1953 : ☆Secret of the Andes by Ann Nolan Clark
1952 : ☆Ginger Pye by Eleanor Estes
1951 : ☆Amos Fortune, Free Man by Elizabeth Yates
1950 : ☆The Door in the Wall by Marguerite de Angeli
1949 : ☆King of the Wind by Marguerite Henry
1948 : ☆The Twenty-One Balloons by William Pène du Bois
1947 : ☆Miss Hickory by Carolyn Sherwin Bailey
1946 : ☆Strawberry Girl by Lois Lenski
1945 : ☆Rabbit Hill by Robert Lawson
1944 : ☆Johnny Tremain by Esther Forbes
1943 : ☆Adam of the Road by Elizabeth Janet Gray
1942 : ☆The Matchlock Gun by Walter Edmonds
1941 : ☆Call It Courage by Armstrong Sperry

1940 : ☆Daniel Boone by James Daugherty
1939 : ☆Thimble Summer by Elizabeth Enright
1938 : ☆The White Stag by Kate Seredy
1937 : ☆Roller Skates by Ruth Sawyer
1936 : ☆Caddie Woodlawn by Carol Ryrie Brink

1935 : ☆Dobry by Monica Shannon
1934 : ☆Invincible Louisa: The Story of the Author of Little Women by Cornelia Meigs
1933 : ☆Young Fu of the Upper Yangtze by Elizabeth Lewis

1932 : ☆Waterless Mountain by Laura Adams Armer
1931 : ★The Cat Who Went to Heaven by Elizabeth Coatsworth
1930 : ☆Hitty, Her First Hundred Years by Rachel Field
1929 : ☆The Trumpeter of Krakow by Eric P. Kelly

1928 : ☆Gay Neck, the Story of a Pigeon by Dhan Gopal Mukerji
1927 : ☆Smoky, the Cowhorse by Will James
1926 : ☆Shen of the Sea by Arthur Bowie Chrisman
1925 : ☆Tales from Silver Lands by Charles Finger
1924 : ☆The Dark Frigate by Charles Hawes
1923 : ☆The Voyages of Doctor Dolittle by Hugh Lofting
1922 : ☆The Story of Mankind by Hendrik Willem van Loon

Newbery Honor
2013 : *Splendors and Glooms by Laura Amy Schlitz
ーーー *Bomb: The Race to Build—and Steal by Steve Sheinkin
ーーー *Three Times Lucky by Sheila Turnage
2012 : *Inside Out & Back Again by Thanhha Lai
ーーー *Breaking Stalin's Nose by Eugene Yelchin
2011 : *Turtle in Paradise by Jennifer L. Holm
ーーー *One Crazy Summer by Rita Williams-Garcia
2010 : *Claudette Colvin: Twice Toward Justice by Phillip Hoose
ーーー *The Mostly True Adventures of Homer by Rodman Philbrick
2009 : *The Underneath by Kathi Appelt
ーーー *Savvy by Ingrid Law
2008 : *The Wednesday Wars by Gary D. Schmidt
ーーー *Feathers by Jacqueline Woodson
2007 : *Penny from Heaven by Jennifer L. Holm
ーーー *Rules by Cynthia Lord
2006 : *Princess Academy by Shannon Hale
2005 : *Al Capone Does My Shirts by Gennifer Choldenko
2004 : *Olive's Ocean by Kevin Henkes
2003 : *The House of the Scorpion by Nancy Farmer
ーーー *Hoot by Carl Hiaasen
2002 : *Everything on a Waffle by Polly Horvath
2001 : *Because of Winn-Dixie by Kate DiCamillo
ーーー *Joey Pigza Loses Control by Jack Gantos
2000 : *Getting Near to Baby by by Audrey Couloumbis
ーーー *26 Fairmount Avenue by Tomie dePaola
1999 : *A Long Way from Chicago by Richard Peck
1998 : *Ella Enchanted by Gail Carson Levine
1997 : *The Thief by Megan Whalen Turner
ーーー *Belle Prater's Boy by Ruth White
1996 : *What Jamie Saw by Carolyn Coman
1995 : *The Ear, the Eye and the Arm by Nancy Farmer
1994 : *Crazy Lady by Jane Leslie Conly
ーーー *Dragon's Gate by Laurence Yep
1993 : *What Hearts by Bruce Brooks
ーーー *The Dark-thirty: Tales of the Supernatural by Patricia McKissack
1992 : *Nothing But The Truth: a Documentary Novel by Avi
1991 : *The True Confessions of Charlotte Doyle by Avi
1990 : *The Winter Room by Gary Paulsen
1989 : *Scorpions by Walter Dean Myer
1988 : *Hatchet by Gary Paulsen
1987 : *A Fine White Dust by Cynthia Rylant
1986 : *Dogsong by Gary Paulsen
1985 : *The Moves Make the Man by Bruce Brooks
1984 : *A Solitary Blue by Cynthia Voigt

*Sweet Whispers, Brother Rush by Virginia Hamilton
*The Perilous Gard by Elizabeth Marie Pope
*The Dark Is Rising by Susan Cooper
*The Witches of Worm by Zilpha Keatley Snyder
*Incident At Hawk's Hill by Allan W. Eckert
*The Egypt Game by Zilpha Keatley Snyder
*My Side of the Mountain by Jean Craighead George
*Charlotte's Web by E. B. White
スポンサーサイト

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Famous Fiveシリーズ#1: Five on a Treasure Island

Famous Fiveシリーズ①

Five on a Treasure Island (Famous Five)Five on a Treasure Island (Famous Five)
(1997/03/19)
Enid Blyton

商品詳細を見る

★★★☆☆

132冊目
2013.1.29. 読了
累計 1,166,121語

感想
アメリカのBoxcar Childrenシリーズのように、イギリスではこのFamous Fiveシリーズが50年以上読み継がれている小学生の定番図書らしい。私はBoxcar Childrenの方が数段好きだった。より自分たちの工夫と努力で冒険を手繰り寄せており、また思慮深く凛とした気品がある子達で気持ちよかったからかなと思う。こちらのFamous Fiveの方は登場人物がやや俗っぽく.冒険の目的も俗っぽい感じ。とりわけ貧しいせいで不機嫌でとっつきにくかった叔父さんは、お金持ちになったのでやさしくなりましたーーという展開には馴染めなかった。子供達は、子ども特有のわがままや反抗心、無鉄砲さを色濃く持つため、親近感は感じやすいかなとも思う。
Boxcar Childrenと比べず考えれば、ユニークな犬のティモシーと一緒になって気持ちの赴くままに難破船のお宝の冒険に飛び込んでゆくストーリーはワクワクするし、男の子になりたい女の子ジョージの言動は個性的で面白かった。

192p

内容(「BOOK」データベースより)
The very first Famous Five adventure, featuring Julian, Dick, Anne, not forgetting tomboy George and her beloved dog, Timmy! There's a shipwreck off Kirrin Island! But where is the treasure? The Famous Five are on the trail - looking for clues - but they're not alone! Someone else has got the same idea. Time is running out for the Famous Five, who will follow the clues and get to the treasure first? These classic editions feature Enid Blyton's unchanged text and Eileen A. Soper's original illustrations.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Danny the Champion of the World ___ by Roald Dahl

Danny the Champion of the World ___ by Roald Dahl

Danny the Champion of the WorldDanny the Champion of the World
(2007/08/16)
Roald Dahl

商品詳細を見る

★★★★★

131冊目
2013.1.27. 読了
累計 1,129,121語

感想
この本の持つ独特の穏やかな空気感が好きだった。主人公ダニーの父親は、一般の倫理観と多少(かなり?)外れてても自分の世界を強く持ち、温かくてお茶目でささやかな知恵の宝庫、そして時に頼もしく息子を守り、いつも息子と共にある、魅力的な存在だ。ダールはこんな父親を目指してたのだろうか。ダール自身はわずか4歳で父親を亡くしたことを思うと胸が熱くなる。
密漁の喜びに息子を引きずりこんじゃったりして、ダニーの将来は大丈夫なのか!?と何やら心配にもなってしまうのですが、本に出てくる大人達も立派な職に付きながら密漁に夢中で普通に暮らしてるので杞憂なのかもしれない。が、本の最後に雷雲が描かれており、嵐がくることを示唆する部分があることがとても気になるところだ。ダニーを見てても、人を育てるのはお仕着せの倫理観ではないということなのかもしれないですね、、、。

224p

内容(「BOOK」データベースより)
ダニィの父さんは、楽しいことをつぎつぎと考えだす、世界一すてきな父さんだ。ところがある夜、ダニィが目をさますと父さんがいない…?なんと父さんは、遠くの森で夜中にこっそりキジを密猟していたのだ…。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Charlie and the Great Glass Elevator ___ by Roald Dahl

Charlie and the Great Glass Elevator ___ by Roald Dahl

Charlie and the Great Glass ElevatorCharlie and the Great Glass Elevator
(2007/08/16)
Roald Dahl

商品詳細を見る

★★★☆☆

130冊目
2013.1.23. 読了
累計 1,089,607語

感想
このお話が好きな方、ごめんなさい。私はドタバタ劇の連続で、好きにはなれませんでした。アメリカだけでなく、世界の国々、政治家に対する侮蔑が著しく、気分が悪くなります。
また、前作のCharlie and the Chocolate Factoryでは孫思いの仲のよいおじいちゃんおばあちゃんたちが、この作品では自分中心で、他人に責任をおしつけ、言葉悪しざまにののしる様子は残念で読むに堪えなかったです。いろいろな出来事を経てなお、最後まで結局自分中心でがっかりですし。
そうした中、ワンカ氏の魅力は前作よりも強烈に訴えるものがあり、すっかり魅了されました。”もし~だったら・・・”なんて言ってたら何にもできない!といつも思い切って行動し、またどんな状況になってもとてつもなくポジティブで、熱いハートがあります。
チャーリーがワンカ氏の後を継ぐにはまだまだ学ぶべきことがいろいろありそうで、チャーリーの今後の成長に想像が膨らみます。

178p

内容(「BOOK」データベースより)
『Charlie and the Chocolate Factory』(邦題『チョコレート工場の秘密』)の続編。チャーリー・バケットとその家族、そして変わり者のチョコレート工場経営者ウィリー・ワンカの冒険は、本書『Charlie and the Great Glass Elevator』でまだまだ続く。今回、我らがヒーローたちの冒険は、ガラス張りのエレベーターで空高く飛んでいくところから始まる。行き先は不明。その後に展開される奇想天外な騒動の数々は、ウィリー・ワンカとワンカを生んだロアルド・ダールに対する読者の期待を裏切ることはない。アメリカの宇宙開発競争や大統領に対する皮肉あり、チャーリーの祖父母が子どもに戻ってしまうハプニングあり。ヴァーミシャス・ニッズ、ヌーリーズ、マイナスランドという未知の世界に放り込まれたワンカやチャーリーの冒険は見逃せない。(
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Charlie and the Chocolate Factory ___ by Roald Dahl

Charlie and the Chocolate Factory ___ by Roald Dahl

Charlie and the Chocolate FactoryCharlie and the Chocolate Factory
(2012/01/01)
Roald Dahl

商品詳細を見る

★★★★★

129冊目
2013.1.18. 読了
累計 1,058,854語

感想
物語の前半、チョコレート工場の中はどうなってるのだろう?と自分で想像してはみたものの、ロアルド・ダールが描いたチョコレート工場は、そんな私の空想など一蹴せんばかりの夢いっぱい、アイデアいっぱいの工場で、作り話ならではのわくわくドキドキをたっぷり味わいました。
ひどく貧しい中、へそくりを使って、ほんの僅かの可能性に心躍らせてチャンスを楽しむジョーおじいちゃんもまた魅力的です。おじいちゃんになっても遊び心いっぱい、そしてチャーリーをいつも包んでいて素敵なおじいちゃんです。
貧しい中でただただ一歩一歩省エネで生活していた主人公チャーリーにとって、ピンチや危険も楽しみダイナミックに生きているワンカ氏がどれほどのインパクトだったでしょう。
物語の途中、ダールの絵本や児童書に対する愛情がこれでもかと綴られている部分があり、そういう彼だからこそこういった子供たちに愛される作品を生み出せるのだろうと、つくづく思いました。

190p

内容(「BOOK」データベースより)
ウィリー・ワンカはチョコレート工場経営者、いつも人目をさけている変わり者だ。その彼が、どういうわけか秘密の工場を見学させてくれることになった。この10年間で初めてのことだ。ただし、招待客はたったの5人だけ。ワンカ社特製チョコバーの包装紙の中に、金色の招待券を見つけた幸運な者だけが工場見学に参加できる。しかも、案内するのはワンカ自身だというのだ。
チャーリー・バケット少年は、この夢のような招待券を偶然手に入れた。道で1ドル紙幣を拾った彼は、どうしてもがまんできずに、あこがれのワンカのチョコバーを2本買ってしまう。そのお金があれば、貧しい家族に食べ物を買えることはわかっていたのに…。しかし2本目の包みを開けたとき、下の方でかすかに光るものを見つけたのだ!
その翌日、チャーリーはいよいよ工場の門をくぐる。一緒に行くのは、テレビっ子のマイク・テービー、お金持ちのお嬢様ベルーカ・ソルト、ガムが大好きなバイオレット・ボールガード、それに食いしん坊のオーガスタス・グループ。4人ともどこか頼りない。はたしてチョコレート工場の秘密とは何か、なぞめいた経営者ワンカとは何者なのか、その答えが5人の目の前でしだいに明らかになる。秘密のチョコレート工場はうわさ以上の、驚くべき場所だった。そしてそこでチャーリーを待ちうけていたのは、もう二度ともとの生活には戻れない運命だった。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

The Twits ___ by Roald Dahl

The Twits ___ by Roald Dahl

The TwitsThe Twits
(2007/08/16)
Roald Dahl

商品詳細を見る

★★★★☆

128冊目
2013.1.17. 読了
累計 1,029,111語

感想
”醜い夫婦”をこれでもか、というくらい極端に描いています。風貌もさることながら、夫婦間の嫌がらせの数々もよくもそんなことができるな、と身震いしてしまうような出来事がいっぱいです。が、それだけ意地悪だったら死に追いやるほど仕返しをしていいものなのかちょっと首をかしげてしまいます。
ダールさんは、読んでいる子たちが”まさか、そんなこと!?”と驚く顔を想像しながら書いているのかな、、、。発想の豊かさには毎回驚かされます。

87p

内容(「BOOK」データベースより)
「醜い考えを抱き続けると、いつかは顔に出てしまう。それが毎日、毎週、毎年と続くにつれ、顔はどんどん醜さをましていき、最後には醜さのあまり、その顔を正視できなくなる」
どうしたら、トゥイットの鼻をあかせるだろう? トゥイット夫妻は、世界中で一番くさくて、醜い人間だ。夫妻には好きなことなんて何ひとつない――しいていえば、互いに悪口を言い合ったり、罪のない鳥をつかまえてパイにしたり、飼っているサルの一家を一日中逆さづりにすることぐらい。そのサルの一家も、もはや我慢の限界にきた。だけど逃げ出すだけじゃ気がおさまらない。いまにお返ししてやるぞ。 --このテキストは、 ハードカバー 版に関連付けられています。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

James and the Giant Peach ___ by Roald Dahl

James and the Giant Peach ___ by Roald Dahl

James and the Giant PeachJames and the Giant Peach
(2007/07/26)
Roald Dahl

商品詳細を見る

★★★★★

127冊目
2013.1.16. 読了
累計 1,021,004語

感想
ロアルド・ダールが世界中で愛される理由が私にもズンと伝わってくる作品だった。最初の1ページからあまりの始まりにあんぐりでしたが、その後も突拍子もない展開が続く中、垣間見える生きる知恵とハートに、唸りながら読みました。虫けらよばわりされていた主人公ジェイムズが、偏見を持つことなく虫たちと繰り広げる冒険は痛快そのもの。
そしてダールならではの、歌うように流れ込んでくる文章が心地よい。

151p

内容(「BOOK」データベースより)
事故で両親を亡くしたジェームズ・ヘンリー・トロッター少年は、スポンジおばさんとスパイキーおばさんという2人の意地悪なおばさんと一緒に暮らさなくてはならなくなった。3年が経つころには、「これほどかわいそうな少年はいない」ほどに。そんなある日、ジェームズは、深緑色のスーツを着た1人のおじいさんから、魔法の水晶玉の入った袋をもらう。それは、みじめなジェームズの生活を永遠に変えてしまうものだという。ところが、ジェームズはあやまって水晶玉を庭の枯れた桃の木にこぼしてしまう。しかし、これがジェームズの冒険の始まりだった。なんと枯れていた桃の木から1個の桃がぐんぐん成長し始めたのだ。やがてジェームズは巨大化した桃の中に入ると、意地悪なおばさんたちのもとを離れ、新しい世界へ出発する。ジェームズは元気な仲間と友だちになった。バッタにミミズ、クモのおねえさんにムカデ。みなそれぞれ自分の歌をもっている。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

The Giver 【Newbery Award 1994】

The Giver ___ by Lois Lowry
1994年 ニューベリー賞受賞作品

The GiverThe Giver
(2006/01/24)
Lois Lowry

商品詳細を見る

★★★★★

126冊目
2013.1.12. 読了
累計 993,452語

感想
異色のストーリーだ。効率的で苦痛のない世界に生まれながら、人類の積み重ねた歴史を学んだばかりに苦悩の人生をたどって行く主人公ジョナスを追いながら、困難も問題もてんこ盛りの自分たちの世界が愛おしく感じられ、どこからかそれに真っ向から向き合う底力が湧いてくる。色や音楽、天気など当たり前のことでさえもありがたく感じられるようになる不思議な話。作家さんって世の宝ですね〜。
ただ、やはり少々無理のある設定ゆえなのか、人としてさすがにあり得ないのではという言動もまま見られ、時々首をひねった。
終わり方は極めて唐突でいくらでも想像できる幕引きだ。私には本物の体験という宝と引き換えに命絶えたように思えるが、シリーズ続編で生存して存在するらしい。。。

192p
ーーー邦題 『ギヴァー―記憶を注ぐ者』 ルイス・ローリー著

内容(「BOOK」データベースより)
ジョナスの世界は完ぺきだ。すべてが完全にコントロールされている。戦争も、痛みの恐れもない。選択の余地もない。すべての人は共同体の中で役割を与えられている。ジョナスが12歳になったとき、ザ・ギバーから特別な訓練を受けることになった。ザ・ギバーだけが、人生における本物の痛みと喜びを握っている。今、ジョナスが真実を受け取るときがきた。後戻りはできない。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

Number the Stars 【Newbery Award 1990】

Number the Stars ___ by Lois Lowry
1990年 ニューベリー賞受賞作品

Number the StarsNumber the Stars
(2011/05/02)
Lois Lowry

商品詳細を見る

★★★★★

125冊目
2013.1.10. 読了
累計 950,313語

感想
人種の壁を越えて命を張ってユダヤ人を助けたデンマークの人々の誇り高さに心打たれた。命の危険を冒してまで信念を貫き隣人を守るというのは並大抵で出来ることではないだろう。自分はといえば、なぜか正義感の強く育った息子がせっかく弱い子をかばったり、正しいと思うことを恐れずに言っているのを見聞きするにつけ、息子自身の立場を悪くするのではと心配になり「ほどほどにしときな。」とつい先日声をかけたばかり、、、。
私自身はデンマークでのユダヤ人のエピソードは初めて知ったし、まさにこれは読まれ、伝えられるべき話だと思う。作者自身が作中で事実の部分と創作の部分をはっきり示し、伝えたいことをストレートに記しているのは珍しいのではないか。作者の熱意を強く感じる。

137p
ーーー邦題 『ふたりの星』 ルイス・ローリー著

内容(「BOOK」データベースより)
第2次世界大戦中、ナチス占領下のデンマークからユダヤ人が脱出しようとしていた事実は、これまでほとんど語られることがなかった。1943年9月29日、デンマークのユダヤ人が拘留され、死の収容所へ送られるという噂が流れた。それから数時間もたたないうちに、デンマークのレジスタンス、住民、警察は、7千人のユダヤ人をスウェーデンへ密航させる準備を開始する。歴史上の事実をロイス・ローリーが勇気ある少女の物語として小説化。10歳の少女アネマリー・ヨハンセンの視点から戦争体験を生き生きと描いている。ユダヤ人狩りが行なわれるという前夜、アネマリーの家族はアネマリーの親友エレン・ローゼンの家族をかくまい、一家のデンマーク脱出に手を貸す…。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

My Humorous Japan ___ by Brian W. Powle

My Humorous Japan ___ by Brian W. Powle

My Humorous JapanMy Humorous Japan
(1991/12)
ブライアン W. ポール

商品詳細を見る

★★★★☆

124冊目
2013.1.8. 読了
累計 929,313語

感想
かれこれ刊行から20年以上たっているため、懐かしい一昔前の日本が温かい目線で綴られている。ただ、本職が執筆業でないため、文章や展開はかなり素人っけがあり、軽い気分で読むなら楽しめるだろう。
個人的には、イギリス人の”一歩先へ”気質に関するコメントがなにやら納得させられるところがあり面白かった。
どんなに思い入れのある国でも、カルチャーギャップを乗り越える苦労は想像以上にはるかに大きいもの。こうやってユーモアたっぷりに語っている筆者のここまでくるまでにたどった道のりを思い、敬意を表したい。

170p

内容(「BOOK」データベースより)
滞日20年の知日派英国人、ブライアン・ポール氏が愛情をこめて綴る、ユーモアとペーソスあふれる日本人と日本人の生活。NHKラジオ英語会話のテキストに連載され、ネイティブが書いた自然な英語で、しかもやさしくて辞書なしで読める、と大好評の珠玉のエッセイ。イギリス流のユーモアを楽しみながら、英語の上達にも最適。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

The Song of the Lionessシリーズ#4: Lioness Rampant

The Song of the Lionessシリーズ④

Lioness Rampant (The Song of the Lioness)Lioness Rampant (The Song of the Lioness)
(2005/01/06)
Tamora Pierce

商品詳細を見る

★★★★★★

123冊目
2013.1.6. 読了
累計 898,313語

感想
★6つつけちゃいました。新しい登場人物のLiamの東洋の心を感じさせる生き様、以前は鼻についていた皇子の意地、主人公の父となった人物の懐の深さ、盗賊の王の一貫した振る舞いなど、主人公のみならず登場人物がみな輝いています。
最後まで読んでみて、主人公アラーナが人間として異彩を放っているだけでなく、女性としても本当に魅力的だと思いました。あまりにドラマチックな展開に一気に読み、涙の止まらなかった一冊です。

400p

内容(「BOOK」データベースより)
"I'm not sure I want to be a hero anymore."
Having achieved her dream of becoming the first female knight errant, Alanna of Trebond is not sure what to do next. Perhaps being a knight errant is not all that Alanna needs....But Alanna must push her uncertainty aside when a new challenge arises. She must recover the Dominion Jewel, a legendary gem with enormous power for good -- but only in the right hands. And she must work quickly. Tortall is in great danger, and Alanna's archenemy, Duke Roger, is back -- and more powerful than ever. In this final book of the Song of the Lioness quartet, Alanna discovers that she indeed has a future worthy of her mythic past -- both as a warrior and as a woman.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

プロフィール

AmazonLily

Author:AmazonLily
小さな日常の積み重ね、大事にしたいな♪
本を読むことで世界が広がりますように、、心が豊かになりますように、、

カテゴリ

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ランキンク

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

本棚<ファンタジー>

本棚<ミステリー>

本棚<絵本>

本棚<児童書>

 

本棚〈Roald Dahl〉

★Newbery Award★

★Carnegie Medal★

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
1108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
53位
アクセスランキングを見る>>

訪問カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。