スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Never Trust a Dead Man【Edgar Award 2000 Best Young Adult Novel】

Never Trust a Dead Man ___ by Vivian Vande Velde
2000年 エドガー賞 ヤングアダルト部門受賞作品

Never Trust a Dead ManNever Trust a Dead Man
(2008/10)
Vivian Vande Velde

商品詳細を見る

★★★★★

143冊目
2013.2.28. 読了
累計 1,491,381語

感想
ひどく風邪を引いてしまい、しばらくダウンしてましたが、ようやく復活。
初めてミステリーの分野にチャレンジ。なかなか面白く一気に読めた。小さな村なのにこれでもかというくらい疑わしい人物が上がってきて一時はどうなることかと思いましたが、、。
著者はコミカルな作風ということだったが最初の何分の1かはこれでどうやったらコミカルになり得るのだろうというくらい悲惨な感じだったが、だんだんと本領発揮。
最後もハートウォーミングで大満足。

220p

内容(「BOOK」データベースより)
When Selwyn is accused of murdering his rival, Farold, he is sealed in the village burial cave with Farold, he is sealed in the village burial cave with Farold's mouldering corpse to await starvation - or worse. Worse comes along quickly in the form of a witch who raises Farold from the dead. Selwyn thought he disliked Farold when he was alive, but that was nothing compared to working by the dead man's side as they searched for the real killer.
ーーーーーーAmazonサイトより
スポンサーサイト

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

Kindle Paperwhite 買いました♪

ついにKindlePaperwhite買いました♪
今までは主にiPadで読んでいたのですが、読書も長時間になると画面の光が眩しく感じて目が疲れて困っていました。Kindleはまだ買ったばかりなので長時間試したわけではないのですが、目にとてもやさしい感じです。そして断然軽いので肩こりもしにくそうです。また、表面に光沢がないため、蛍光灯などの光を反射してしまって見にくくなることもなく、よいです。iPadのKindleアプリより機能も豊富で本棚も整理できて嬉しいし。楽しい機能の一つに、現在の章や本全体を読み終わるまでの予想時間が表示される機能があります。ちゃんと自分の読書スピードから割り出してくれるので、かなり正確でした。
画面の色がiPadの純白に比べると少し黄色がかっているかなと買う時は戸惑っていたのですが、実際に読むと、むしろそれが紙のぬくもりを感じて落ち着いて読めました。最大の難点は、ページをめくる時仕組み上時々白黒反転するため、ちょっと気になるかも。iPadの滑るように次のページにスライドして行くのと比べるとぎこちない印象がありました。
バッテリーも長時間ということですし、外でも自然な読みごこちでしたし、目下、大満足です。これからさらに没頭して読書時間を過ごせそう♪

theme : KINDLE(キンドル)と電子書籍
genre : 本・雑誌

A Visit to William Blake's Inn【Newbery Award 1982】

A Visit to William Blake's Inn ___ by Nancy Willard
1982年 ニューベリー賞受賞作品

A Visit to William Blake's Inn: Poems for Innocent and Experienced TravelersA Visit to William Blake's Inn: Poems for Innocent and Experienced Travelers
(1987/09)
Nancy Willard

商品詳細を見る

★★★☆☆

142冊目
2013.2.21. 読了
累計 1,4068,424語

感想
もっと童心があれば楽しめるのかもしれない。あるいは、詩を読む力が足りないのかも、、、。いずれにしても掴みどころがなさすぎてあまり楽しめませんでした。ただ、絵の雰囲気はキルトのような独特のあったかい個性があり、絵本の冒頭部などハートウォーミングだった。

48p

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

River Boy【Carnegie Medal 1997】

River Boy ___ by Tim Bowler
1997年 カーネギー賞受賞作品

River BoyRiver Boy
(1997/10/09)
Tim Bowler

商品詳細を見る

★★★★★

141冊目
2013.2.21. 読了
累計 1,445,995語

感想
神秘的な趣たっぷりのお話で、川の流れる自然の中、あるいはその川の水の中に身をおける臨場感がある。後半、タイトルのRiver Boyの謎が氷解する瞬間や、主人公ジェスの果敢な挑戦など、引き込まれて一気に読んでしまう。そして、読了後は自然と人の死に対し素直な気持ちで向き合える。
登場人物はみな愛すべき個性をもち、とりわけ、ごつい芯がある感じのジェスは魅力的だった。
難を言えば、英語はリズムがあり、わかりやすい文章なのだが、やや表現が冗長な印象だった。

160p
ーーー邦題 『川の少年』 ティム・ボウラー著

内容(「BOOK」データベースより)
She didn't know how fast the current was moving her. It could take many more hours yet, perhaps more hours than she had the strength for. But she must not stop. She must keep going. She must try to catch the river boy, even though she was frightened at the thought of what he was.
Jess's beloved grandfather has just had a serious heart attack, but he insists that the family travel as planned to his boyhood home on the river so that he can finish his painting, River Boy. As Jess helps her ailing grandpa with his work, she becomes entranced by the scene he is painting. Then she becomes aware of a strange presence in the river -- a boy who asks for her help and issues a challenge that will stretch her swimming talents to their very limit. Jess knows that Grandpa and the river boy are connected, but how? Can she take up the river boy's challenge before it's too late for Grandpa?
Tim Bowler's gripping narrative flows like a river itself -- gentle and calm at times, turbulent and deep at others, always fluid, always alive. Readers will be swept along by the magic of the river and the mysterious river boy -- and changed forever by Jess's unforgettable journey.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

カーネギー賞 受賞作品リスト

Carnegie Medal (カーネギー賞)

イギリスの図書館協会(CLIP: Chartered Institute of Library and Information Professionals)から贈られる児童文学賞。 1937年に創設された。
対象作は前年にイギリスで出版された英文の児童書。ガーディアン賞は、対象がフィクションに限られ、一度受賞した作家の作品は対象外としているが、カーネギー賞は伝記などのノンフィクションものも対象とし、再受賞が可能である。
赤字は既読。

Winners
1936 : Arthur Ransome Pigeon Post
1937 : Eve Garnett The Family from One End Street
1938 : Noel Streatfeild The Circus Is Coming
1939 : Eleanor Doorly The Radium Woman : Life of Madam Curie
1940 : Kitty Barne Visitors from London
1941 : Mary Treadgold We Couldn't Leave Dinah
1942 : BB The Little Grey Men
1944 : Eric Linklater The Wind on the Moon
1946 : Elizabeth Goudge The Little White Horse
1947 : Walter de la Mare Collected Stories for Children
1948 : Richard Armstrong Sea Change
1949 : Agnes Allen : The Story of Your Home
1950 : Elfrida Vipont The Lark on the Wing
1951 : Cynthia Harnett The Wool-Pack
1952 : Mary Norton The Borrowers
1953 : Edward Osmond A Valley Grows Up
1954 : Ronald Welch Knight Crusader
1955 : Eleanor Farjeon The Little Bookroom
1956 : C. S. Lewis The Last Battle
1957 : William Mayne A Grass Rope
1958 : Philippa Pearce Tom's Midnight Garden
1959 : Rosemary Sutcliff The Lantern Bearers
1960 : Ian Wolfram Cornwall The Making of Man
1961 : Lucy M. Boston A Stranger at Green Knowe
1962 : Pauline Clarke The Twelve and the Genii
1963 : Hester Burton Time of Trial
1964 : Sheena Porter Nordy Bank
1965 : Philip Turner The Grange at High Force
1967 : Alan Garner The Owl Service
1968 : Rosemary Harris The Moon in the Cloud
1969 : K. M. Peyton The Edge of the Cloud
1970 : Leon Garfield The God Beneath the Sea
1971 : Ivan Southall Josh
1972 : Richard Adams Watership Down
1973 : Penelope Lively The Ghost of Thomas Kempe
1974 : Mollie Hunter The Stronghold
1975 : Robert Westall The Machine Gunners
1976 : Jan Mark Thunder and Lightnings
1977 : Gene Kemp The Turbulent Term of Tyke Tiler
1978 : David Rees The Exeter Blitz
1979 : Peter Dickinson Tulku
1980 : Peter Dickinson City of Gold and other stories from the Old
1981 : Robert Westall The Scarecrows
1982 : Margaret Mahy The Haunting
1983 : Jan Mark Handles
1984 : Margaret Mahy The Changeover
1985 : Kevin Crossley-Holland Storm
1986 : Berlie Doherty Granny Was a Buffer Girl
1987 : Susan Price The Ghost Drum
1988 : Geraldine McCaughrean A Pack of Lies
1989 : Anne Fine Goggle-Eyes
1990 : Gillian Cross Wolf
1991 : Berlie Doherty Dear Nobody
1992 : Anne Fine Flour Babies
1993 : Robert Swindells Stone Cold
1994 : Theresa Breslin Whispers in the Graveyard
1995 : Philip Pullman Northern Lights
1996 : Melvin Burgess Junk
1997 : Tim Bowler River Boy
1998 : David Almond Skellig
1999 : Aidan Chambers Postcards from No Man's Land
2000 : Beverley Naidoo The Other Side of Truth
2001 : Terry Pratchett The Amazing Maurice and hisEducated Rodents
2002 : Sharon Creech Ruby Holler
2003 : Jennifer Donnelly A Gathering Light
2004 : Frank Cottrell Boyce Millions
2005 : Mal Peet Tamar
2007 : Meg Rosoff Just in Case
2008 : Philip Reeve Here Lies Arthur
2009 : Siobhan Dowd Bog Child
2010 : Neil Gaiman The Graveyard Book
2011 : Patrick Ness Monsters of Men
2012 : Patrick Ness A Monster Calls

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Sounder【Newbery Award 1970】

Sounder ___ by William H. Armstrong
1970年 ニューベリー賞受賞作品

SounderSounder
(2002/12/24)
William H. Armstrong

商品詳細を見る

★★★★☆

140冊目
2013.2.18. 読了
累計 1,406,995語

感想
怖ろしく淡々と書かれている。そして、描かれている家族も、叫んだり取り乱したり泣いたりして不思議はない場面でも、感情は押し殺され、全てを受け入れじっと大地を踏みしめて日々を生活していく。こんな生き方を身につけるに至るには長いよほどの苦難の道があったのだろうとうかがい知れる。
苦難の中、天寿を全うして行く家族たちの異質なたくましさが心に焼き付いた。
所々でモンテーニュの本からの言葉が引用されており、興味深く、本を読んでみたくなった。

128p
ーーー邦題 『父さんの犬サウンダー』 W.H. アームストロング著


内容(「BOOK」データベースより)
A landmark in children's literature, winner of the 1970 Newbery Medal, and the basis of an acclaimed film, Sounder traces the keen sorrow and the abiding faith of a poor African-American boy in the 19th-century South. The boy's father isa sharecropper, struggling to feed his family in hard times. Night after night, he and his great coon dog, Sounder, return to the cabin empty-handed. Then, one morning, almost like a miracle, a sweet-smelling ham is cooking in the family's kitchen. At last the family will have a good meal. But that night, an angry sheriff and his deputies come, and the boy's life will never be the same.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Bridge to Terabithia【Newbery Award 1978】

Bridge to Terabithia ___ by Katherine Paterson
1978年 ニューベリー賞受賞作品

Bridge to TerabithiaBridge to Terabithia
(1987/06/17)
Katherine Paterson

商品詳細を見る

★★★★★

139冊目
2013.2.16. 読了
累計 1,384,710語

感想
抱きしめたくなるようなお話だった。涙が溢れて止まらなかった。悲しいことが起こったからということではなく、この本が大事にしているものの輝きに心が震えた。物語では世界を"the shining world—huge and terrible and beautiful and very fragile"と捉えており、それがお話全体から伝わってくる。そしてそんな世界に向き合う主人公ジェスの一歩は力強く懐深かった。
ジェスの個性も女友達ラズリーの個性も魅力的で引き込まれるが、とりわけ、妹メイベルの描かれ方はとても興味深く、唸ってしまう。
悲しい出来事から"立ち直る"とか"乗り越える"といったなまぬるい感じではなく"もろともに踏み越える"といった強烈さがあった。私は名作だと思う。

208p
ーーー邦題 『テラビシアにかける橋』 キャサリン・パターソン著


内容(「BOOK」データベースより)
Jess Aarons wants to be the fastest boy in the class. He's been practising all summer and he's sure he's going to win. But when a girl named Leslie Burke moves into the neighbouring farm his life changes forever. Not only does Leslie not look or act like any of the girls in school, she also turns out to be the fastest runner in the year. After getting over the humiliation of being beaten by a girl, Jess begins to think Leslie might be okay - she's clever and funny and not a bit soppy. It is Leslie who invents Terabithia, the secret country on an island across the creek. Here Jess could forget his large, quarrelsome family, his father who thought it was ummanly to love drawing, and his little sister May Belle, who was always tagging after him. Here he could be strong and unafraid. The only way to reach Terabithia is by rope-swing where Jess and Leslie become King and Queen, defeating giants, sharing stories and dreams, and plotting against their enemies. They are invincible - until tragedy strikes. It is more dreadful than anything Jess had ever dreamed of, but as he struggles to cope with his grief and anger, he finds that his family value him more than he'd thought and that, still King, he could even save Terabithia for the future.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

The Cat Who Went to Heaven【Newbery Award 1931】

The Cat Who Went to Heaven ___ by Elizabeth Coatsworth
1931年 ニューベリー賞受賞作品

The Cat Who Went to HeavenThe Cat Who Went to Heaven
(2008/01/08)
Elizabeth Coatsworth

商品詳細を見る

★★★☆☆

138冊目
2013.2.14. 読了
累計 1,352,128語

感想
アメリカ人が日本を舞台にした日本人のお話を書いているため、本当の日本人が読むと随所にかなりの違和感を覚えました。挿絵も、他の挿絵のバージョンもあるのかもしれないが、私の買ったバージョンでは、貧しい家の家政婦さんがかごを持って買い物に出かけるのだが、その絵はまるで赤ずきんちゃんのようなかごだったり、着物は子ども用の浴衣とバスローブを足して2で割ったような絵だったり、なんだか面白かったです。それでも、ブッダの人生にはとんと無知だった私も少し世界をのぞけましたし、作家と同じように画家もまた絵を描くために内面を探索して精魂こめている姿が印象に残りました。
昔から、「カラスは悪いことをしたので真っ黒にされて今でも真っ黒です。チャンチャン。」みたいなお話はよくありますが、そういったものをやり過ごさずに心を洗い向き合えるお話です。

86p
ーーー邦題 『極楽にいった猫』 エリザベス・コーツワース著


内容(「BOOK」データベースより)
本書は、日々の食事にも事欠くほど貧しい画家が、ばあやが拾ってきた三毛猫に「Good Fortune」と名づけて飼いはじめることからスタートする。このネコが来てすぐに、画家のもとには、仏画の注文が入る。画家は夢中で絵を描き、猫はそれをじっと見つめていた。画家は、このネコが自分の姿をこの仏画に描き込んで欲しいと思っていることに気づく。しかしネコは、仏画には決して描かれることのない動物だった。
画家としての成功か、大切なネコへの愛情か、大きな選択を迫られた画家は、どうするのか。わずか60ページ足らずの物語だが、芸術家としての生き方、人としての生き方、命あるものの生と死、そして愛情と、描かれているテーマは深い。短い章に分かれていて大変読みやすいので、最初の1冊としてもおすすめできる。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

Dear Mr. Henshaw【Newbery Award 1984】

Dear Mr. Henshaw ___ by Beverly Cleary
1984年 ニューベリー賞受賞作品

Dear Mr. HenshawDear Mr. Henshaw
(2000/05/30)
Beverly Cleary

商品詳細を見る

★★★★★

137冊目
2013.2.12. 読了
累計 1,340,970語

感想
物書きの誇りが伝わってくる。私自身は、中学生まではよく本を読んでいたのに、その後本を読む習慣がなくなり、恥ずかしながら数年前に読み出すまですっかりご無沙汰だった。本を読み始めて感じるのは、本の世界を経験できることが持つ魔力の大きさ、自分を補強し豊かにしうる扉や言葉の数々の重み、そして自分の周りの世界に不思議と彩りが加わることへの驚きだ。そしてそれを書いてる作家への敬意は増すばかり。
この本は、ひたすら一人の少年が作家ヘンショーさんにあてた手紙と日記の形式で語られていく。こうやって作家さんは、直接的であれ間接的であれ、一人ひとりの人生に大きな力を持ってるのだろう。実際にいるだろうな、こんな子。途中で胸が熱くなって涙がこぼれた。

160p
ーーー邦題 『ヘンショーさんへの手紙』 ビバリー・クリアリー著

内容(「BOOK」データベースより)
Dear Mr. Henshaw,

I wish somebody would stop stealing the good stuff out of my lunchbag. I guess I wish a lot of other things, too. I wish someday Dad and Bandit would pull up in front in the rig ... Dad would yell out of the cab, "Come on, Leigh. Hop in and I'll give you a lift to school."

Leigh Botts has been author Boyd Henshaw's number one fan ever since he was in second grade. Now in sixth grade, Leigh lives with his mother and is the new kid at school. He's lonely, troubled by the absence of his father, a cross-country trucker, and angry because a mysterious thief steals from his lunchbag. Then Leigh's teacher assigns a letter-writing project. Naturally Leigh chooses to write to Mr. Henshaw, whose surprising answer changes Leigh's life.

ーーーーーーAmazonサイトより

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

The View from Saturday【Newbery Award 1997】

The View from Saturday ___ by E.L. Konigsburg
1997年 ニューベリー賞受賞作品

The View from Saturday (Jean Karl Books)The View from Saturday (Jean Karl Books)
(1998/02/01)
E.L. Konigsburg

商品詳細を見る

★★★★★

136冊目
2013.2.11. 読了
累計 1,323,158語

感想
じんわりと心に響く素敵なお話だった。さしてドラマッチックに何かが展開するわけではないのに、ひきこまれる。
前半は主人公の子供達の4人の一人一人の目線での経験が順繰りに綴られている。あちらこちらで接点があるのだが、それぞれの立場から見える景色は違っていて、ウィットに富んだ文章とあいまってとても面白い。4人はみな、違ったタイプの賢さがあり、それぞれの経験を足がかりに歩き始める。同じ作者で前に読んだ"From the Mixed-UP Files of Mrs.Basil E. Frankweiler"にも通じるところがあるが、このお話も本当の知性を形づくるものが何なのか強く問いかけている。
登場する先生は、毅然とした中にも一人の人間として悩みも不安も人間らしさも抱えて描かれていて、一方的に教えてもらう存在ではなく、生徒もまた先生の人生に一石投じる関係にあるところが魅力的だった。
また、祖父母の世代との交流が多く描かれており、祖父母の人生は否応無く良かれ悪しかれ子供達に多大な影響があるのだが、それがかけがえのないものに感じた。

188p
ーーー邦題 『ティーパーティーの謎』 E.L.カニグスバーグ著

内容(「BOOK」データベースより)
エピファニー中学のAcademic Bowl(博学競技会)で優勝した6年生の最強チーム、カリグラフィー技術、引退してフロリダ州のセンチュリー・ビレッジに住む人々、ジンジャーという名の天才犬、休日に上演される「アニー」。これらはどれも、E・L・カニグスバーグ作の最新作で重要な役割を果たしている。ニューベリー賞受賞作品。30年前に同じくニューベリー賞を受賞したカニグスバーグの『From the Mixed-UP Files of Mrs.Basil E. Frankweiler』(邦題『クローディアの秘密』)にもひけをとらない傑作だ。物語は、頭はいいけれどもシャイな4人の12歳の子どもたちと、4人が毎週土曜日の朝に開くティーパーティを中心にすすんでいく。カニグスバーグの風変わりな博識ぶりとお得意の型破りなキャラクターたちによって、本書はゆかいで愛情あふれる友情物語に仕上がっている。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

The Higher Power of Lucky【Newbery Award 2007】

The Higher Power of Lucky ___ by Susan Patron
2007年 ニューベリー賞受賞作品

The Higher Power of LuckyThe Higher Power of Lucky
(2009/01/06)
Susan Patron

商品詳細を見る

★★☆☆☆

135冊目
2013.2.7. 読了
累計 1,281,132語

感想
カリフォルニアの砂漠に住む人生の落とし穴に足を踏み入れたことのある大人たちとその子供達の逞しさが伝わってくる。苦しい生い立ちの少女が砂漠の自然から力をもらって実の母親から気持ちを断ち切り新しい人生を踏み出すまでの葛藤を描いたお話と言えるだろうか。
ただ、登場人物の心情や展開に合点の行かない点が多い。まず、主人公は10歳の少女なのだが、精神的にはかなり幼い。自分中心だし、状況判断力にも乏しく、自分の身近な人たちも傷つけて行くほど無神経な面も。苦境を乗り切れるようHigher Powerをどうやったら得られるか常に考えているのだが、実際に物事が好転したのは運良く世界が回ったからという印象を拭えない。
そして、別れた夫の再婚相手の子供のの養育者となるため(再婚相手の女性は死に、元夫は育児を放棄する)、フランス人のブリジットは生活を投げ打って遠いフランスからやって来て主人公の世話をする、という設定にはどうにも無理があるように思う。そしてそれを納得させるようなブリジットの心情描写はほとんどなく、最後まで謎だった。そうまでしてくれているブリジットに対して、主人公ラッキーは"自分がいるんだから他に何がいるの?"と当然と言わんばかりの振る舞い。主人公とブリジットの間に信頼や愛情を育む転機となるような出来事は描かれていなくて、最終的になぜこんな結末を迎えられるのか理解に苦しんだ。
また、この本は"陰嚢"に随分こだわって書かれており、反感や議論を呼んでいるようだ。

168p
ーーー邦題 『ラッキー・トリンブルのサバイバルな毎日』 スーザン・パトロン著

内容(「BOOK」データベースより)
10歳のラッキーは、もう1日も待てなかった。心臓にある「醜い気もちの分泌腺」と、脳のなかにある質問だらけの裂け目のせいで、カリフォルニアにあるどん底の村ハード・パン(人口43人)から逃げ出す以外に道がなくなってしまったのだ。
すべてはブリジットのせい――ブリジットがフランスに帰りたがったからだ。後見人は受け持ちの女の子のそばにいて、ずっと面倒を見ることになっているのに! それなのに、ラッキーは見捨てられてしまいそうだった。きっと、ロサンゼルスのどこかの孤児院に入れられてしまう。大好きな犬のHMSビーグルは連れて行けない場所。クッキーばかり食べている友だちのマイルスや、未来のアメリカ大統領(たぶん)で国際ロープ結び組合の一員でもあるリンカーンとも別れなくてはならない。そのうえ、正体不明の12ステップ・プログラムの会議を立ち聞きして、「大いなる力」の秘密を探ることもできなくなってしまう。ラッキーにも「大いなる力」が必要だった――それも、すぐに。
でも、砂嵐はまったくの予想外だった。
それに、世界でいちばん重いサバイバル用リュックを引きずって、砂漠に踏み込まなければならないことも――。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

From the Mixed-Up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler【Newbery Award 1968】

From the Mixed-Up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler ___ by E.L. Konigsburg
1968年 ニューベリー賞受賞作品

From the Mixed-Up Files of Mrs. Basil E. FrankweilerFrom the Mixed-Up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler
(1998/04/01)
E.L. Konigsburg

商品詳細を見る

★★★★★

134冊目
2013.2.3. 読了
累計 1,251,400語

感想
性質の大きく異なるが揃って理知的な主人公クローディアとジェイミーの会話や行動が面白くて、時に声を出して笑ってしまった。とりわけ、"Make it complicated. I like complications."とのたまうジェイミーの個性が好きだった。
知識を身につけ、論理力を磨いていっても、その真価を発揮させ自分にプラスに働くようにするまでには確かに道のりがあるだろう。とかく学校や日常の課題では大した興奮は得られず冷めたり、過信しておごったり、と特有の落とし穴があろうかと思うが、二人の冒険とMrs. Basil E. Frankweilerとの出会いは、大きなヒントと糧になるだろう。"everything about everything" 学べると思っているクラウディアが、新しい一歩を踏み出すまでを描いたこの一冊は興味深かった。
英語は、この本の独特の語り口とあいまって私にはやや難しく感じた。

168p
ーーー邦題 『クローディアの秘密』 E.L.カニグズバーグ著

内容(「BOOK」データベースより)
クローディアは退屈だった。何か変わったことがしてみたい。でもダサいのはいや。家出することにしたクローディアは、一定の目標を持って計画を立てる。それは、快適で、今までとまったく違っていて、家のように気楽でいられるところへ行くこと。クローディアは慎重にパートナー(弟)を指名し、行き先(メトロポリタン美術館)を選んだ。でも、冒険に不測の事態はつきもの。すぐに、クローディアと弟のジェイミーは、専門家でも解けないような美術品にまつわるミステリーに巻きこまれることに。しかし、この謎を解くことができれば、クローディア自身が求める答えが見つかるかもしれない。
ユニークなストーリー、読者の心をつかんで離さない文体、独特な線画で定評のあるカニングズバーグの作品。ニューベリー賞受賞作の本書も、読者に本を置かせるすきを与えない。一角の人間になりたいというクローディアの願いと、その願いをかなえるために自分探しに出る物語は、特に思春期の入口にいて本当の自分を探し求めようとする子どもたちにとって、共感するところが多いはず。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

Walk Two Moons 【Newbery Award 1995】

Walk Two Moons ___ by Sharon Creech
1995年 ニューベリー賞受賞作品

Walk Two Moons (Trophy Newbery)Walk Two Moons (Trophy Newbery)
(1996/07/18)
Sharon Creech

商品詳細を見る

★★★★★

133冊目
2013.2.1. 読了
累計 1,216,400語

感想
扉のページから胸が熱くなった。
ーーーDon't judge a man until you have walked two moons in his moccasins
インディアンのことわざらしい。
最初から土に根をおろして生きているインディアンの血を引く主人公サラマンカに惹きつけられた。母親がいなくなり全体像を把握することもできない苦境の中もがき、向き合い前に進んで行く姿が力強く描かれている。それを大きく包み込んで支えるおじいちゃんおばあちゃんの姿がまた胸に迫るものがあります。私たちのすぐ周りにゴロゴロしているパンドラの箱の中身と真っ向から向き合ってなお、かけがえのないものを携え前に進む力をくれる傑作です。
自分が母親だからか、作中に出てくる様々な母親像も興味深かった。最終的に人生を乗り切れる知恵の種をまけるあるいは種となり得る経験を共有できるような母親でありたいと切に思いながら読んだ。
作中の"Being a mother is like trying to hold a wolf by the ears,” Gram said. “If you have three or four –or more – chickabiddies, you’re dancing on a hot griddle all the time. You don’t have time to think about anything else. And if you’ve only got one or two, it’s almost harder. You have room left over – empty spaces that you think you’ve got to fill up"という一節に共感した。同時にやはり母親であることを誇りに思うし、祖母になることが楽しみにもなったお話だった。

288p
ーーー邦題 『めぐりめぐる月』 シャロン・クリーチ著

内容(「BOOK」データベースより)
"Don't judge a man until you have walked two moons in his moccasins."
As Salamanca Hiddle travels cross-country with her eccentric grandparents, she tells them the story of Phoebe Winterbottom, who met a "potential lunatic" and whose mother disappeared. Beneath Phoebe's story is Salamanca's own: Her mother left for Idaho, and although she promised to return, she has not. Sal hopes to bring her mother home, despite her father's warning that she is "fishing in the air."
This novel is in turns funny, mysterious and touching, as Salamanca comes to a new understanding of aspects of her life.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

プロフィール

AmazonLily

Author:AmazonLily
小さな日常の積み重ね、大事にしたいな♪
本を読むことで世界が広がりますように、、心が豊かになりますように、、

カテゴリ

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ランキンク

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

本棚<ファンタジー>

本棚<ミステリー>

本棚<絵本>

本棚<児童書>

 

本棚〈Roald Dahl〉

★Newbery Award★

★Carnegie Medal★

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
1108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
53位
アクセスランキングを見る>>

訪問カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。