スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Now I Lay Me Down to Sleep【Rita Award 1997 Best Young Adult Romance】

Now I Lay Me Down to Sleep ___ by Lurlene McDaniel
1997年 リタ賞 ヤングアダルト部門受賞作品

Now I Lay Me Down to SleepNow I Lay Me Down to Sleep
(2010/10/27)
Lurlene Mcdaniel

商品詳細を見る

★★★★★

168冊目
2013.4.28. 読了
累計 2,386,902語

感想
ロマンスの賞のRITA賞を受賞しているが、まるでニューベリー賞のような心の葛藤を抱きながら逞しく歩き始める高校生を描いている。がんを治療し予後の良い主人公キャリーと、再発し死に直面して行くケイスの真っ直ぐな思いをいっぱいに詰め込んだ本だ。
主人公の母親の行動は共感できず、愚かしく感じつつもどかしく読んでいたのだが、最終的にその行動に相応の結果がもたらされ、やるせない気持ちになった。
身近な人の死と真っ向から向き合う人間の器が問われているお話だ。

161p

内容(「BOOK」データベースより)
Sometimes Carrie Blake feels she just can't stand life's problems or pain. At fifteen, she's had leukemia for three years, and although the disease is in remission, she's never sure when things might change. Her parents, whose bitter divoce has left Carrie feeling torn between them, don't seem to understand how much harder they make her daily life.

When Carrie meets Keith Gardner at a cancer support group, everything seems brighter. Keith and his loving supportive family are wonderful to Carrie. Then Keith's illness worsens and he knows he can no longer fight off dying. Armed with love of family and friends, Keith chooses to participate in a hospice program, which allows him to remain at home instead of in the hospital. Carrie feels helpless as she watches Keith slip away. Will Keith's courage help Carrie to face her own uncertain future?
ーーーーーーAmazonサイトより
スポンサーサイト

theme : ロマンス
genre : 本・雑誌

The Graveyard Book【Carnegie Medal 2010】

The Graveyard Book ___ by Neil Gaiman
2010年 カーネギー賞受賞作品

The Graveyard BookThe Graveyard Book
(2009/10/06)
Neil Gaiman、Dave McKean 他

商品詳細を見る

★★★★★★

185冊目
2013.5.20. 読了
累計 2,678,797語

感想
身震いするほど力強い作品だった。作者の感性にひたすら脱帽する。
人を育てるものが何なのか原点に引きずり戻された気がした。そして、少年時代は何へ向かって飛び出すための期間なのか、子育てしている今のうちにこの本に出会えたことに感謝だ。

307p
ーーー邦題 『墓場の少年』 ニール・ゲイマン著

内容(「BOOK」データベースより)
Nobody Owens, known to his friends as Bod, is a normal boy.
He would be completely normal if he didn't live in a sprawling graveyard, being raised and educated by ghosts, with a solitary guardian who belongs to neither the world of the living nor of the dead.
There are dangers and adventures in the graveyard for a boy-an ancient Indigo Man beneath the hill, a gateway to a desert leading to an abandoned city of ghouls, the strange and terrible menace of the Sleer.
But if Bod leaves the graveyard, then he will come under attack from the man Jack—who has already killed Bod's family. . . .
Beloved master storyteller Neil Gaiman returns with a luminous new novel for the audience that embraced his New York Times bestselling modern classic coraline. Magical, terrifying, and filled with breathtaking adventures, the graveyard book is sure to enthrall readers of all ages.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

The Ghost Drum【Carnegie Medal 1987】

The Ghost Drum ___ by Susan Price
1987年 カーネギー賞受賞作品

The Ghost DrumThe Ghost Drum
(1989/03/20)
Susan Price

商品詳細を見る

★★★★★

167冊目
2013.4.26. 読了
累計 2,361,902語

感想
魔法もあるし、非現実的なことも起こるが、その中に普遍の真実が輝き、インパクトのある作品だった。白夜のある北の大地で圧政の中息づく歴史の流れが不思議な迫力で目の前に浮かび上がってくる感じ。
作者の表現に感性の鋭さを感じた。そして、数は多いほうではないかもしれないが、比喩とはこうであってこそ、というその場の空気を高める言葉の数々に唸ってしまう。

176p
ーーー邦題 『ゴースト・ドラム〜北の魔法の物語』 スーザン・プライス著

内容(「BOOK」データベースより)
Czar Guidon kept his son Safa imprisoned in a tower. His power could only be matched by the witch-girl Chingis. Out of the frozen wastes she studied the words and runes that would give her power to understand the messages of the ghost drum. At last she heard Safa's cries...This book was awarded the 1987 Library Association's Carnegie Medal.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Dark Is Risingシリーズ#4: The Grey King

Dark Is Risingシリーズ④

The Grey King (The Dark Is Rising)The Grey King (The Dark Is Rising)
(2010/10/31)
Susan Cooper

商品詳細を見る

★★★★☆

166冊目
2013.4.24. 読了
累計 2,319,902語

感想
シリーズ2冊目ではまだ未熟だった主人公ウィルは少しずつ自分の足で立つようになり、シリーズものは長い目で読まないといけないんだな、って反省。また、Light側のスタンスに疑問を投げかける人物が描かれたり、超常的な力にもめげずひたむきに強く生きる人間も描くなど、物語に深みもあり、ずっと読み応えがあった。
不思議な個性のアルビノの少年が物語を通して異彩を放ち、最後まで興味深かった。

224p
ーーー邦題 『灰色の王』 スーザン・クーパー著

内容(「BOOK」データベースより)
There is a Welsh legend about a harp of gold, hidden within a certain hill, that will be found by a boy and a white dog with silver eyes-- a dog that can see the wind. Will Stanton knew nothing of this when he came to Wales to recover from a severe illness. But when he met Bran, the strange boy who owned a white dog, he began to remember. For Will is the last-born of the Old Ones, immortals dedicated to saving the world from the forces of evil, the Dark. And it is Will's task to wake-- with the golden harp-- the six who must be roused from their long slumber in the Welsh hills to prepare for the last battle between the Dark and the Light.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Dark Is Risingシリーズ#2: Dark Is Rising

Dark Is Risingシリーズ②

The Dark Is RisingThe Dark Is Rising
(2010/09/30)
Susan Cooper

商品詳細を見る

★★☆☆☆

165冊目
2013.4.22. 読了
累計 2,264,986語

感想
シリーズ一冊目とはあまりに趣が異なり驚いた。一人を除いて登場人物も時代も舞台も異なる。また、1冊目はアドベンチャーといった感じで超常的な展開はなかったが2冊目はどっぷりとファンタジーだ。
この本で輝いていたのは、音や音楽の描写の数々だ。かつてない大雪が降り積もったイギリスの郊外でのクリスマスシーズンを舞台にしており、その中を流れる温かいクリスマスキャロルや神秘的な魔法のメロディ、兄弟の奏でる笛の音など、印象的に描かれていてその世界に引き込まれた。
また、主人公は7人兄弟の末っ子でその大家族の掛け合いが楽しく、お兄ちゃんお姉ちゃんたちの個性も魅力的で温かみがあった。
ただ、お話の主軸はイマイチだ。まず主人公ウィルはいたって平凡で個性と感情に乏しい。この少年が生まれながらに選ばれて、Darkとの戦いの使命を負うのだが、そこには強い意志も強い想いもない。また、実際は自分で何のイニシャチブもとらず、師匠となるおじいさんや仲間たちがほぼ全て手取り足取りやってくれ、集めないといけないしるしも向こうから次々と手にはいる。なぜこの少年が主人公なのか最後まで分からなかったが、この落ち着いたのんびりした性質が魅力なのかも。まだシリーズ途中なのでこれから大成して行くのかも。。

368p
ーーー邦題 『光の6つのしるし』 スーザン・クーパー著

内容(「BOOK」データベースより)
It is Midwinter's Eve, the night before Will's eleventh birthday. But there is an atmosphere of fear in the familiar countryside around him. Will is about to make a shocking discovery - that he is the last person to be born with the power of the Old Ones, and as a guardian of the Light he must begin a dangerous journey to vanquish the terrifyingly evil magic of the Dark.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Dark Is Risingシリーズ#1: Over Sea, Under Stone

Dark Is Risingシリーズ①

Over Sea Under Stone (The Dark is Rising)Over Sea Under Stone (The Dark is Rising)
(2010/09/30)
Susan Cooper

商品詳細を見る

★★★★☆

162冊目
2013.4.18. 読了
累計 2,171,893語

感想
発想の異なる三人の兄弟が、力を合わせて謎を解いていく。残念なのは、謎解明の道標となる地図や印も、島の位置関係の描写もかなり不足しているため、取り残される感覚がいなめない。地図が示されてたらどんなに楽しかったかと残念。。。
洞窟のシーンはハラハラしながらも、子供達の行動力を賞賛しつつ読んだ。私は弟のバーニーがとりわけ好きだった。そして、不思議な空気の漂うメリー叔父さんの存在感も好きだった。
続きが楽しみだ。

368p
ーーー邦題 『コーンウォールの聖杯』 スーザン・クーパー著

内容(「BOOK」データベースより)
On holiday in Cornwall, Simon, Jane and Barney Drew discover an ancient map in the attic of the Grey House, where they are staying with their mysterious Great-Uncle Merry. They know immediately that it is special. But it is much more than just a map. It is the start of a quest to find a grail, a source of great power that could contain - or resurrect - the powerful, age-old forces of evil in the world. And the Drews are not the only ones searching for it.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

PRAY FOR JAPAN 3.11世界中が祈りはじめた日 ___ by prayforjapan.jp

PRAY FOR JAPAN 3.11世界中が祈りはじめた日 ___ by prayforjapan.jp

PRAY FOR JAPAN ‐3.11世界中が祈りはじめた日‐PRAY FOR JAPAN ‐3.11世界中が祈りはじめた日‐
(2011/04/26)
prayforjapan.jp

商品詳細を見る

★★★★★

160冊目
2013.4.13. 読了
累計 2,078,046語

感想
言葉にして感想を書くのがためらわれるほどに、私にとって大事な本だ。
人を、世界を、動かす力の源をのぞくようなとてつもないパワーのある本だ。
世界の様々な隔たりを越えられる力を大事にして、隔たりに負けないように、この本に恥じないように進みたい。

120p

内容(「BOOK」データベースより)
いま、あなたに届いてほしい願いがある。これからもずっと、届けたい祈りがある。
2011年3月11日の東日本大震災発生の12分後から届き始めた、海外・国内からの<祈り>(prayforjapan)のメッセージ、エピソードを集めたWebサイト。
震災当夜、停電中の一時避難所にいた20歳の大学生によって立ち上げられました。
多いときは、1秒に1回以上のペースで、地震発生時から現在まで地球上のあらゆる地域からツイッターやフェイスブック、画像投稿サイトを通じて、多くの写真や言葉が寄せられています。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

Of Noble Birth ___ by Brenda Novak

Of Noble Birth ___ by Brenda Novak

Of Noble BirthOf Noble Birth
(2011/08/01)
Brenda Novak

商品詳細を見る

★★★★★

159冊目
2013.4.12. 読了
累計 2,077,046語

感想
最初、片腕がなく生まれてきた赤ちゃんの場面やイギリスの貧しい縫い子さんたちの様子から始まり、ぐいぐいと引き込まれていった。予想以上にドラマチックな展開のため、ハラハラドキドキだったが、主人公の機転の数々が面白く、強情な性格もてつだって、生き抜いて行く様子が爽快だった。
ナサニエルはどっしりと冷静なリーダーシップタイプでとても魅力的。憎しみをコントロールできないあたりの欠点も愛おしい感じだ。アレグザンドラのガッツも見上げたもので、惚れ惚れしながら読んだ。
それにしても昔のロンドンのスラム街の様子は実際こんなにひどかったのだろうか、、、。胸が痛くなる。

403p

内容(「BOOK」データベースより)
He Was a Man Who Took What He Wanted.
And He Wanted Her.
To escape her cruel stepfather, seamstress Alexandra Cogsworth envisioned sailing far from England . . . though not as a captive aboard a pirate's ship.
Pirate Captain Nathaniel Kent's strategy for exacting revenge on his cold-hearted father involved taking a valuable hostage . . . not a seamstress he mistakenly thinks is his half sister.
Yet fate has designs of its own, landing them both on board the Royal Vengeance. At sea, Nathaniel intercepts and plunders his father's ships, all the while tormented by his illicit hunger for the tempting prisoner he thinks is his blood relation. And although Alexandra wants no part in this terrifying voyage, to reveal her true identity to the handsome, blue-eyed Nathaniel would invite danger. Not only would she become worthless cargo, but the revelation would surely unleash what she and Nathaniel have been fiercely battling--a rising undercurrent of impossible desire that could sweep them away for good.
ーーーーーーAmazonサイトより

2:46: Aftershocks: Stories from the Japan Earthquake

2:46: Aftershocks: Stories from the Japan Earthquake

2:46: Aftershocks: Stories from the Japan Earthquake2:46: Aftershocks: Stories from the Japan Earthquake
(2011/04/07)
William Gibson、Yoko Ono 他

商品詳細を見る

★★★★★

158冊目
2013.4.9. 読了
累計 1,994,046語

感想
3.11.の地震から一週間たった頃書かれた、日本各地、世界各地の様々な立場の人たちがどのように地震を体験し何を感じているを集めた文集のような形態の本だ。地震の捉え方もその後の行動の選択の仕方もみな様々。日本に好意的なものをえりすぐるでもなく、様々な観点のものを取り入れているところに底力がある本だ。一つ一つは、短く、また作り話のように必ずしもドラマチックではなかったり、震源から遠く離れ実質的に危機はなくても、地震のインパクトが被災の被害にととどまらず大きなインパクトがあったことが伝わってくる。
東日本大震災を経験した一人として、この本によって視野を広くすることができ良かったと思っている。

93p

内容(「BOOK」データベースより)
In just over a week, a group of unpaid professional and citizen journalists who met on Twitter created a book to raise money for Japanese Red Cross earthquake and tsunami relief efforts. In addition to essays, artwork and photographs submitted by people around the world, including people who endured the disaster and journalists who covered it, 2:46: Aftershocks: Stories from the Japan Earthquake contains a piece by Yoko Ono, and work created specifically for the book by authors William Gibson, Barry Eisler and Jake Adelstein.
“The primary goal,” says the book's editor, a British resident of Japan, “is to record the moment, and in doing so raise money for the Japanese Red Cross Society to help the thousands of homeless, hungry and cold survivors of the earthquake and tsunami. The biggest frustration for many of us was being unable to help these victims. I don’t have any medical skills, and I’m not a helicopter pilot, but I can edit. A few tweets pulled together nearly everything – all the participants, all the expertise – and in just over a week we had created a book including stories from an 80-year-old grandfather in Sendai, a couple in Canada waiting to hear if their relatives were okay, and a Japanese family who left their home, telling their young son they might never be able to return."
If you'd like to make a donation to aid the victims of the March 11 earthquake and tsunami, please visit the Japanese Red Cross Society website, where you can donate via Paypal or bank transfer (watch out for the fees, though!) or the American Red Cross Society, which accepts donations directed to its Japan Earthquake and Pacific Tsunami fund (but only accepts donations made with U.S.-issued credit cards).
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

The Grey King【Newbery Award 1976】

The Grey King ___ by Susan Cooper
1976年 ニューベリー賞受賞作品

The Grey KingThe Grey King
(1999/09)
Susan Cooper

商品詳細を見る

★★★★☆

166冊目
2013.4.24. 読了
累計 2,319,902語

感想
シリーズ2冊目ではまだ未熟だった主人公ウィルは少しずつ自分の足で立つようになり、シリーズものは長い目で読まないといけないんだな、って反省。また、Light側のスタンスに疑問を投げかける人物が描かれたり、超常的な力にもめげずひたむきに強く生きる人間も描くなど、物語に深みもあり、ずっと読み応えがあった。
不思議な個性のアルビノの少年が物語を通して異彩を放ち、最後まで興味深かった。

224p
ーーー邦題 『灰色の王』 スーザン・クーパー著

内容(「BOOK」データベースより)
There is a Welsh legend about a harp of gold, hidden within a certain hill, that will be found by a boy and a white dog with silver eyes-- a dog that can see the wind. Will Stanton knew nothing of this when he came to Wales to recover from a severe illness. But when he met Bran, the strange boy who owned a white dog, he began to remember. For Will is the last-born of the Old Ones, immortals dedicated to saving the world from the forces of evil, the Dark. And it is Will's task to wake-- with the golden harp-- the six who must be roused from their long slumber in the Welsh hills to prepare for the last battle between the Dark and the Light.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

The Dark Is Rising【Newbery Honor 1974】

The Dark Is Rising ___ by Susan Cooper
1974年 ニューベリー・オナー賞受賞作品

Dark Is RisingDark Is Rising
(1999/10/01)
Susan Cooper

商品詳細を見る

★★☆☆☆

165冊目
2013.4.22. 読了
累計 2,264,986語

感想
シリーズ一冊目とはあまりに趣が異なり驚いた。一人を除いて登場人物も時代も舞台も異なる。また、1冊目はアドベンチャーといった感じで超常的な展開はなかったが2冊目はどっぷりとファンタジーだ。
この本で輝いていたのは、音や音楽の描写の数々だ。かつてない大雪が降り積もったイギリスの郊外でのクリスマスシーズンを舞台にしており、その中を流れる温かいクリスマスキャロルや神秘的な魔法のメロディ、兄弟の奏でる笛の音など、印象的に描かれていてその世界に引き込まれた。
また、主人公は7人兄弟の末っ子でその大家族の掛け合いが楽しく、お兄ちゃんお姉ちゃんたちの個性も魅力的で温かみがあった。
ただ、お話の主軸はイマイチだ。まず主人公ウィルはいたって平凡で個性と感情に乏しい。この少年が生まれながらに選ばれて、Darkとの戦いの使命を負うのだが、そこには強い意志も強い想いもない。また、実際は自分で何のイニシャチブもとらず、師匠となるおじいさんや仲間たちがほぼ全て手取り足取りやってくれ、集めないといけないしるしも向こうから次々と手にはいる。なぜこの少年が主人公なのか最後まで分からなかったが、この落ち着いたのんびりした性質が魅力なのかも。まだシリーズ途中なのでこれから大成して行くのかも。。

368p
ーーー邦題 『光の6つのしるし』 スーザン・クーパー著

内容(「BOOK」データベースより)
It is Midwinter's Eve, the night before Will's eleventh birthday. But there is an atmosphere of fear in the familiar countryside around him. Will is about to make a shocking discovery - that he is the last person to be born with the power of the Old Ones, and as a guardian of the Light he must begin a dangerous journey to vanquish the terrifyingly evil magic of the Dark.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

26 Fairmount Avenue【Newbery Honor 2000】

26 Fairmount Avenue ___ by Tomie dePaola
2000年 ニューベリー・オナー賞受賞作品

26 Fairmount Avenue26 Fairmount Avenue
(2001/03/05)
Tomie dePaola

商品詳細を見る

★★★★★

157冊目
2013.4.7. 読了
累計 1,969,046語

感想
小学校前の男の子の目線で、紆余曲折を経て近所の人や親戚の人たちの温かい手助けの中マイホームが完成して行く様子が描かれています。小さいながらプライドを胸いっぱいに詰め込んでいて、目を細めながら読みました。ささやかなことでも、大人になっても残る鮮やかな記憶ってありますよね。それが、この子のように温かいものであることを、子供達に願うばかりです。

80p
ーーー邦題 『フェアマウント通り26番地の家』 トミー デ・パオラ著

内容(「BOOK」データベースより)
Tomie's family starts building their new house at 26 Fairmount Avenue in 1938, just as a hurricane hits town, starting off a busy, crazy year. Tomie has many adventures all his own, including eating chocolate with his Nana Upstairs, only to find out--the hard way--that they have eaten chocolate laxative. He tries to skip kindergarten when he finds out he won't learn to read until first grade. "I'll be back next year," he says. When Tomie goes to see Snow White, he creates another sensation. Tomie dePaola's childhood memories are hilarious, and his charming illustrations are sure to please.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Politically Correct Bedtime Stories ___ by James Finn Garner

Politically Correct Bedtime Stories ___ by James Finn Garner

Politically Correct Bedtime Stories Politically Correct Bedtime Stories
(2010/11/09)
James Finn Garner

商品詳細を見る

★★★★★

156冊目
2013.4.6. 読了
累計 1,962,444語

感想
1994年のベストセラーだ。諷刺が利いた現代に似つかわしい寓話に生まれ変わってる。ブラックなユーモア溢れて、思わず笑ってしまう。
数年前に英語で読んだ時にはやり過ごしていたが(英語に気を取られていたのか、大人になって固定観念がすでに出来上がってるからか、、)、思い返すと子供の頃におとぎ話を読んだ時に感じた疑問がまさに投げかけられて"政治的に正しく"修正されている。三匹の子豚たちのお兄さんのお家みたいに木の家に住んでる人をバカにしてるのでは?とか、オオカミはいつも悪い性格でコテンパンにやっつけられる役なのは何でだろう?とか、人の髪の毛で塔に登るなんひどいんじゃないかな?とか、思ったよな、、、と。
結婚するのが女性の幸せです、ちゃんちゃんみたいな終わり方はしないのでどれも風変わりな結末だ。美しくのんびり歌を歌っているお姫様の心境にあまり親近感を抱けなかった私は、くせはあっても何やら自我があるこの本を興味深く読んだ。
小さい、とか年老いたのような身体的特徴を描写するのには細心の注意が払われ、木こりは"log-fuel technician"と表現してみたりしている。
が、すべての種や立場の権利を平等に扱うことがいかに不可能なことなのかが垣間見え、ため息が出てしまう。そして、やはり物語はいびつでも愛おしい現実の世界を描いていって欲しいなとも思った。

89p
ーーー邦題 『政治的に正しいおとぎ話』 ジェイムズ・フィン・ガーナー著

内容(「BOOK」データベースより)
A collection of bedtime stories with a difference. What really happened when Jack climbed the beanstalk, when Cinderella went to the ball, and when the wolf tried to blow down the houses of the three little pigs?
Originally published in 1994, Politically Correct Bedtime Stories spent more than 60 weeks on the New York Times Bestseller list, eventually hitting the #1 spot. Also a best seller in Canada and Great Britain, it has been translated into more than 25 languages and adapted numberless times for stage and radio. According to the Times of London: “It is beautiful. It demolishes, in few but elegant words, a dozen kinds of silliness. It is better than I can possibly convey.”
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

A Pack of Lies【Carnegie Medal 1988】

A Pack of Lies ___ by Geraldine McCaughrean
1988年 カーネギー賞受賞作品

A Pack of LiesA Pack of Lies
(2011/12/22)
Geraldine McCaughrean

商品詳細を見る

★★★★☆

155冊目
2013.4.5. 読了
累計 1,948,444語

感想
骨董屋を舞台に、まことしやかに嘘の数々を魂を込めて語る謎の主人公MCCを中心に展開される物語。このMCCが、かつてないタイプの魅力的な人物。豊かな感性を持っていて、恐ろしく機転のきく策士で、人に食われることがない。そしてその嘘が骨董屋にくる客たち、そして骨董屋の娘アイルサの世界を変えていく。小説家も作り話をこんな誇りで送り出しているのだろう。MCCの語る話は、イギリスの歴史上の色々な時代の出来事で、とても印象深いショートストーリーになっている。自分たちの写真を飾って家族の歴史を日頃から抱きしめるのと同じで地域や人々の出来事や想いを大事にするきっかけを生活に取り込んで行く豊かさを感じた。
最後は物語と現実、嘘と実のの境界がはっきりしないこの本らしい終わり方だ。そして不思議と満足感が残る。

226p
ーーー邦題 『不思議を売る男』 ジェラルディン・マコックラン著

内容(「BOOK」データベースより)
Ailsa doesn't trust MCC Berkshire, the mysterious man helping out in her mother's antique shop. He tells wonderful stories about all the antiques, and his stories persuade the customers to buy the items he talks about, but everything he says is a pack of lies, isn't it? The story of Ailsa and MCC is interwoven with the stories MCC tells the customers, which range from romances to adventure stories; from crime dramas to pirate stories; from stories set in modern-day Ireland to stories set in ancient China.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

プロフィール

AmazonLily

Author:AmazonLily
小さな日常の積み重ね、大事にしたいな♪
本を読むことで世界が広がりますように、、心が豊かになりますように、、

カテゴリ

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ランキンク

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

本棚<ファンタジー>

本棚<ミステリー>

本棚<絵本>

本棚<児童書>

 

本棚〈Roald Dahl〉

★Newbery Award★

★Carnegie Medal★

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
1108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
53位
アクセスランキングを見る>>

訪問カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。