スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Monster Calls【Carnegie Medal 2012】

A Monster Calls ___ by Patrick Ness
2012年 カーネギー賞受賞作品

A Monster CallsA Monster Calls
(2012/09/06)
Patrick Ness

商品詳細を見る

商品詳細を見る

★★★★★★

190冊目
2013.5.30. 読了
累計 2,851,572語

感想
凄い作品だと思う。
計算されたお話と違い、実際の出来事たちは奇想天外、複雑極まりない。収支は合わずとらえどころがなく呆然とすることもままある。そんな混沌とした中で前に進む力を湧き上がらせてくれるのがこのお話だ。
マイナスの感情は頭をよぎるだけで罪悪感を感じたり、悪意を心に燻らせてその後の展開に苦悩を感じることはないだろうか?どんなに心は千々に乱れ醜く荒れてても、葛藤のあと実際に踏み出す行動が一歩一歩カウントされて行くという発想はとても力強い。
挿絵がまた底知れないパワーがある。

212p
ーーー邦題 『怪物はささやく』 パトリック・ネス著

内容(「BOOK」データベースより)
Conor has the same dream every night, ever since his mother first fell ill, ever since she started the treatments that don't quite seem to be working. But tonight is different. Tonight, when he wakes, there's a visitor at his window. It's ancient, elemental, a force of nature. And it wants the most dangerous thing of all from Conor. It wants the truth. Bestselling novelist Patrick Ness takes the final idea of the late, award-winning writer Siobhan Dowd and weaves a heartbreaking tale of mischief, healing and above all, the courage it takes to survive.
ーーーーーーAmazonサイトより
スポンサーサイト

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

The Name of the Game was Murder【Edgar Award 1994 Best Young Adult Novel】

The Name of the Game was Murder ___ by Joan Lowery Nixon
1994年 エドガー賞 ヤングアダルト部門受賞作品

The Name of the Game Was MurderThe Name of the Game Was Murder
(1994/11/01)
Joan Lowery Nixon

商品詳細を見る

★★★☆☆

189冊目
2013.5.29. 読了
累計 2,818,258語

感想
謎解きの部分は楽しかったが、主人公の謎解きへのモチベーションには共感し難い。結局は状況証拠にしかならないであろうことのために、人の秘密を詮索して回るのはどうなんだろう、、と。また、秘密を握られて苦しむ人たちがお互いいがみ合いながら過ごす様子は読んでいて気持ちいいものではなく(アーノルド・ローベルのあとに読んだのがまずかったかしら?)やや楽しみきれなかった。

182p

内容(「BOOK」データベースより)
Novelist Augustus Trevor has written a manuscript that reveals the darkest secrets of his guests. Whoever can solve Trevor's clues can have his story removed from the book. But when Trevor is bludgeoned to death, the survivors (along with the reader) are challenged to find both the manuscript and the murderer.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

Frog and Toad are Friemds ___ by Arnold Lobel

Frog and Toad are Friends ___ by Arnold Lobel

Frog and Toad Are FriendsFrog and Toad Are Friends
(2003/02/18)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

★★★★★

188冊目
2013.5.28. 読了
累計 2,773,983語

感想
時間がゆっくり流れ、何とも温かい気持ちになる。私はボタンをみんなで探すお話が特に好きだったな。

64p
ーーー邦題 『ふたりはともだち』 アーノルド・ローベル著

内容(「BOOK」データベースより)
フロッグとトードは、同じ意見だった。今日は泳ぐにもってこいの日だ。トードが頼んだので、やさしいフロッグはトードの水着姿を見ないようにした。ところが泳ぎ終えてみると、みんながトードのおかしな水着を見に集まってきて、2人とも追い払うことができなくなってしまう。
このかわいらしいペアは、なくしたボタンを探したり、春にあいさつをしたり、郵便を待ったり、5つのすてきな物語をぴょんぴょん飛び回る。2人が互いを心から思いやる気持ちはすばらしく、トードとフロッグは両生類の姿をしたすばらしいお手本だ。子どもたちはフロッグと一緒にトードが愚かしい努力をするのを見て、くすくす笑うだろう。そして長い冬眠からついに目覚めるトードに、きっと拍手を送ることだろう。5番目の物語は、いつかペンパルを持とうという人や、本当に信頼のおける友だちがいるのがどんなことか知っている人なら、誰でも心があたたまることだろう。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

The Borrowers【Carnegie Medal 1952】

The Borrowers ___ by Mary Norton
1952年 カーネギー賞受賞作品

The BorrowersThe Borrowers
(2003/04/01)
Mary Norton

商品詳細を見る

★★★★☆

187冊目
2013.5.24. 読了
累計 2,771,708語

感想
宮崎駿の「借りぐらしのアリエッティ」の原作らしい。語り口が絶妙で、作り話じゃなくって本当なのかも、って心をくすぐられる。
Borrowersとあるが、全然借りてない。アイデアいっぱいの盗人ぐらしって感じかな。なぜかイソップ的な寓話の要素もにじみ出てるところが泥臭くて好き嫌いが分かれるかも。。
小人たちは決して可愛らしい性格ではない。妙に俗っぽい。そんな小人たちに真っ正面から向き合っている少年がなんとも魅力的に感じた。

180p
ーーー邦題 『床下の小人たち』 メアリー・ノートン著

内容(「BOOK」データベースより)
Pod, Homily, and Arrietty Clock's huge adventures have been thrilling children young and old for fifty years--and their appeal is as strong as ever in these handsome new paperback packages. While the original beloved interior illustrations by Beth and Joe Krush have been retained, Marla Frazee's striking cover illustrations capture these little people with a larger-than-life appeal.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

The Witch of Blackbird Pond【Newbery Award 1959】

The Witch of Blackbird Pond ___ by Elizabeth George Speare
1959年 ニューベリー賞受賞作品

The Witch of Blackbird PondThe Witch of Blackbird Pond
(1958/12/01)
Elizabeth George Speare

商品詳細を見る

★★★★★

186冊目
2013.5.22. 読了
累計 2,737,883語

感想
リスクを常に覚悟して毅然としている主人公に惚れ惚れした。そして、アメリカ開拓時代の様子を垣間見れて興味深かった。が、魔女狩りの様子は苦痛極まりなかった。こういった群衆は今も昔もいるのだろうがただただ虫唾が走ってしまう。。。
物語全体でいろんな鳥が例えとして登場し、鳥好きとしては楽しかった。ちなみに、邦題はBlackbird Pondを"からすが池"と訳されているが、blackbirdはカラスと違って羽の付け根に鮮やかな黄色や赤の羽が少し覗いている。羽を広げるとそれが鮮やかに目に飛び込んでくる。まさにそのBlackbirdが、この本で大事なシンボルとなっているので、この邦題には納得できなかった。

248p
ーーー邦題 『からすが池の魔女』 E.G. スピア著

内容(「BOOK」データベースより)
Orphaned Kit Tyler knows, as she gazes for the first time at the cold, bleak shores of Connecticut Colony, that her new home will never be like the shimmering Caribbean island she left behind. In her relatives' stern Puritan community, she feels like a tropical bird that has flown to the wrong part of the world, a bird that is now caged and lonely. The only place where Kit feels completely free is in the meadows, where she enjoys the company of the old Quaker woman known as the Witch of Blackbird Pond, and on occasion, her young sailor friend Nat. But when Kit's friendship with the "witch" is discovered, Kit is faced with suspicion, fear, and anger. She herself is accused of witchcraft!
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

The Graveyard Book【Newbery Award 2009】

The Graveyard Book ___ by Neil Gaiman
2009年 ニューベリー賞受賞作品

The Graveyard BookThe Graveyard Book
(2009/10/06)
Neil Gaiman、Dave McKean 他

商品詳細を見る

★★★★★★

185冊目
2013.5.20. 読了
累計 2,678,797語

感想
身震いするほど力強い作品だった。作者の感性にひたすら脱帽する。
人を育てるものが何なのか原点に引きずり戻された気がした。そして、少年時代は何へ向かって飛び出すための期間なのか、子育てしている今のうちにこの本に出会えたことに感謝だ。

307p
ーーー邦題 『墓場の少年』 ニール・ゲイマン著

内容(「BOOK」データベースより)
Nobody Owens, known to his friends as Bod, is a normal boy.
He would be completely normal if he didn't live in a sprawling graveyard, being raised and educated by ghosts, with a solitary guardian who belongs to neither the world of the living nor of the dead.
There are dangers and adventures in the graveyard for a boy-an ancient Indigo Man beneath the hill, a gateway to a desert leading to an abandoned city of ghouls, the strange and terrible menace of the Sleer.
But if Bod leaves the graveyard, then he will come under attack from the man Jack—who has already killed Bod's family. . . .
Beloved master storyteller Neil Gaiman returns with a luminous new novel for the audience that embraced his New York Times bestselling modern classic coraline. Magical, terrifying, and filled with breathtaking adventures, the graveyard book is sure to enthrall readers of all ages.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

Shiloh【Newbery Award 1992】

Shiloh ___ by Phyllis Reynolds Naylor
1992年 ニューベリー賞受賞作品

ShilohShiloh
(2001/03)
Phyllis Reynolds Naylor

商品詳細を見る

★★☆☆☆

183冊目
2013.5.14. 読了
累計 2,515,258語

感想
可愛らしい子犬の写真の表紙のものもあるが、私はこの少し狂気をにじませてる少年の表紙が一番この本にあっていると思う。
人が飼っている子犬に愛着を持ち、自分のものにしようと相手の粗を探し自分を正当化する考え方が延々と繰り返し述べらる。嘘や脅迫も"子犬のためならなんでもやる"と辞さず、家族も友達も子犬のためなら軽んじる主人公に対して否定的な気持ちは募るばかりだった。
この作者の意図は図り兼ねるが、私には11歳の少年の未熟さや人の価値観のもろさなど、どちらかというと影の部分を書こうとしているように思えた。もしこれが動物やペットの対する慈しみなど光の部分を描こうとしているなら★は1つだが、もし不条理さを炙り出そうとしてるなら★2-3個かな、、と。

144p
ーーー邦題 『さみしい犬』 フィリス・レイノルド・ネイラー著

内容(「BOOK」データベースより)
11才の少年マーティーは、ウエスト・ヴァージニア州フレンドリーの学校の近くで、1匹のビーグルの子イヌを見つける。シャイロと名づけてかわいがっていたところ、そのイヌは飼い主から虐待されていたことが分かる。飼い主は大酒のみで銃を持っている男だった。シャイロを飼い主に返したらまた虐待される、そう考えるマーティーは、どうするべきか苦悩し、ある決断をする。
動物への愛情と社会の倫理観、このシンプルな物語で学ぶことは多い。普遍的な問題を含んでいるからこそ、長い間読み続けられているのだろう。この物語は、作者フィリス・レイノルズ・ネイラーがウェスト・ヴァージニアを旅したときに見た、1匹のひどく傷ついたイヌがヒントになって生まれた。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Five People You Meet in Heaven ___ by Mitch Albom

The Five People You Meet in Heaven ___ by Mitch Albom

The Five People You Meet In HeavenThe Five People You Meet In Heaven
(2003/09/23)
Mitch Albom

商品詳細を見る


★★★★★

182冊目
2013.5.13. 読了
累計 2,559,100語

感想
2004年のベストセラー。
何か教訓めいたメッセージがあるわけではない。ありのままの人々の人生が酸いも甘いも愛おしく混ざり合って世界が回っている様子を浮かび上がらせ、心の奥に届くお話だった。
この人が作り上げた天国のイメージは私には思いもつかなかったところで、ずっとこの天国をイメージして生きたいと思える場所だった。エピローグ前の一文が温かい。

196p
ーーー邦題 『天国の五人』 ミッチ・アルボム著

内容(「BOOK」データベースより)
Plot Eddie is a wounded war veteran, an old man who has lived, in his mind, an uninspired life. His job is fixing rides at a seaside amusement park. On his 83rd birthday, a tragic accident kills him, as he tries to save a little girl from a falling cart. He awakes in the afterlife, where he learns that heaven is not a destination. It's a place where your life is explained to you by five people, some of whom you knew, others who may have been strangers. One by one, from childhood to soldier to old age, Eddie's five people revisit their connections to him on earth, illuminating the mysteries of his "meaningless" life, and revealing the haunting secret behind the eternal question: "Why was I here"
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

Mouse Soup ___ by Arnold Lobel

Mouse Soup ___ by Arnold Lobel

Mouse Soup (I Can Read Book 2)Mouse Soup (I Can Read Book 2)
(1983/09/07)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

★★★★★

181冊目
2013.5.12. 読了
累計 2,518,082語

感想
こういうウィットのあるマウスは大好きだ。傷だらけになって集めてるイタチくんはちょっと気の毒だけど、、。
最後に小さな暖炉に火を灯して本を読んでる空間が妙に魅力的。

64p
ーーー邦題 『おはなしばんざい』 アーノルド・ローベル著

内容(「BOOK」データベースより)
Weasel is ready for his dinner, and poor Mouse is it. Can he stop the weasel from serving up mouse soup for supper?
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Mouse Tales ___ by Arnold Lobel

Mouse Tales ___ by Arnold Lobel

Mouse Tales (I Can Read Book 2)Mouse Tales (I Can Read Book 2)
(1978/10/25)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

★★★★☆

180冊目
2013.5.12. 読了
累計 2,516,743語

感想
お母さんのところに行くために、車も乗りつぶし、スケート靴もブーツも運動靴も履きつぶし、足もボロボロにしてたどり着くお話が好きだな。
どれも可愛らしい発想のものばかり。

64p
ーーー邦題 『とうさんおはなしして』 アーノルド・ローベル著

内容(「BOOK」データベースより)
When Papa's seven little mouse boys ask for a bedtime story, Papa does even better than that—he tells seven stories, one for each boy!
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Frog and Toad Together ___ by Arnold Lobel

Frog and Toad Together ___ by Arnold Lobel

Frog and Toad Together (I Can Read Book 2)Frog and Toad Together (I Can Read Book 2)
(1979/10/03)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

★★★★★

179冊目
2013.5.12. 読了
累計 2,515,258語

感想
花をそだてようと必死に頑張ってるToadくんが愛おしい。花を育てるのは確かに大変だと納得してるToadくん、子育てしてる母親も外野で同じような感じで頑張ってるんだろうな。。。

64p
ーーー邦題 『ふたりはいっしょ』 アーノルド・ローベル著

内容(「BOOK」データベースより)
がまくん(Toad)とかえるくん(Frog)。ふたりは仲良しで、いつもさまざまなことを考えている。ときには相談したり、実験したり、いっしょに解決することもある。本書に納められている5話は、どれも最後にホッと、友だちがいてよかった、と思わせてくれる作品だ。作者自身も「自分にはどちらの性格も入っているよ」と語ったことがあるそうだ。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Days with Frog and Toad ___ by Arnold Lobel

Days with Frog and Toad ___ by Arnold Lobel

Days with Frog and ToadDays with Frog and Toad
(2004/02/03)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

★★★★☆

177冊目
2013.5.9. 読了
累計 2,505,054語

感想
Frogからのプレゼントを大事にしたくて、穴に落ちたり木にぶつかるToadが大好きだ。なんとも可愛らしいお話。
そして、お茶目な飛ばし方をする凧上げの話も好きだったな。

64p
ーーー邦題 『ふたりはきょうも』 アーノルド・ローベル著

内容(「BOOK」データベースより)
Frog and Toad enjoy spending their days together. They fly kites, celebrate Toad's birthday, and share the shivers when Frog tells a scary story. Most of all, they have fun together—every day of the year.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Frog and Toad All Year ___ by Arnold Lobel

Frog and Toad All Year ___ by Arnold Lobel

Frog and Toad All YearFrog and Toad All Year
(1984/09/05)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

★★★★★

176冊目
2013.5.9. 読了
累計 2,502,980語

感想
なんとも温かみがあるお話ですね。皆に愛されているのもうなずけます。私は、プレゼントを持ってクリスマスパーティーにやって来たFrogと、縄とフライパンと灯りを持って出かけようとするToadが出くわす場面の絵が一番好きだったな。

68p
ーーー邦題 『ふたりはいつも』 アーノルド・ローベル著

内容(「BOOK」データベースより)
フロッグとトードのファンたちはこの続編で、有名な両生類のペアがどんなことを楽しんでいるか、季節を通じて垣間見ることができる。4つの季節に加え、クリスマスのお祝いにと、2人ははしゃぎまわる。雪に覆われた丘をトードと一緒に滑り、フロッグとともに春を見つけ、溶けたチョコレートアイスクリームの下に隠れているのは誰か発見しよう。言葉の世界に足を踏み入れたばかりの子どもたちを楽しませる、簡潔な言語とユニークな冒険。本に親しみ始めた読者は、ひとりで各章を読み進む快感を味わえるだろう。優しさと思いやりにあふれた友情を反映するように、愛らしいペアはとても暖かいブラウンととてもソフトなグリーンで描かれている。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

The Second Mrs. Giaconda ___ by E.L. Konigsburg

The Second Mrs. Giaconda ___ by E.L. Konigsburg

The Second Mrs. GiacondaThe Second Mrs. Giaconda
(1999/10)
E. L. Konigsburg

商品詳細を見る

★★★★★

175冊目
2013.5.8. 読了
累計 2,501,258語

感想
この作家の作品は、やはり私にとってページをくるのが惜しい味わいがある。
モナ・リザの絵がどういう経緯で書かれ、そしてそれが人々の心を掴む作品になったのはなぜか、興味深い秘話が綴られている。
レオナルド・ダ・ヴィンチの人間味のある個性も鮮やかに描かれ、当時の都市の当主たちの美しいものへの姿勢も新鮮だった。そして何といってもスパイスのきいた"サライ"の言動にはすっかり心を奪われた。

138p
ーーー邦題 『ジョコンダ夫人の肖像』 E.L. カニグスバーグ著

内容(「BOOK」データベースより)
The Mona Lisa... Why did Leonardo da Vinci lavish three years on a painting of the second wife of an unimportant merchant when all the nobles of Europe were begging for a portrait by his hand?
No one knows for sure. But this story of Leonardo, his wayward apprentice Salai, and the Duke of Milan's plain young wife, Beatrice d'Este, may hold the clue to the most famous -- and puzzling -- painting of all time.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Frog and Toad Together【Newbery Honor 1973】

Frog and Toad Together ___ by Arnold Lobel
1973年 ニューベリー・オナー賞受賞作品

Frog and Toad Together (I Can Read Book 2)Frog and Toad Together (I Can Read Book 2)
(1979/10/03)
Arnold Lobel

商品詳細を見る

★★★★★

179冊目
2013.5.12. 読了
累計 2,515,258語

感想
花をそだてようと必死に頑張ってるToadくんが愛おしい。花を育てるのは確かに大変だと納得してるToadくん、子育てしてる母親も外野で同じような感じで頑張ってるんだろうな。。。

64p
ーーー邦題 『ふたりはいっしょ』 アーノルド・ローベル著

内容(「BOOK」データベースより)
がまくん(Toad)とかえるくん(Frog)。ふたりは仲良しで、いつもさまざまなことを考えている。ときには相談したり、実験したり、いっしょに解決することもある。本書に納められている5話は、どれも最後にホッと、友だちがいてよかった、と思わせてくれる作品だ。作者自身も「自分にはどちらの性格も入っているよ」と語ったことがあるそうだ。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Lincoln : a photobiography【Newbery Award 1988】

Lincoln : a photobiography ___ by Russell Freedman
1988年 ニューベリー賞受賞作品

Lincoln: A PhotobiographyLincoln: A Photobiography
(1989/09/25)
Russell Freedman

商品詳細を見る

★★★★★

174冊目
2013.5.7. 読了
累計 2,474,126語

感想
あまり伝記に手を出すことがなかったのだが、人の人生を詳しく知るというのはこれほど興味深いものなのか、と発見だった。
正直、リンカーンについてはほとんど知らなくて、何もないところから身一つで邁進していく様子には目を見張った。そして、南北戦争下の大統領として、いかばかりの苦悩を耐えてきたかと肖像画を見ても計り知れないものがあったことが伺える。今のアメリカの土台を築くのに流されたあまりの血の多さに愕然とした。そして、政治に対する、国に対する関心、情熱の大きさが歴史的に半端でないことも改めて見せつけられた。

160p

内容(「BOOK」データベースより)
A description of the boyhood, marriage, and young professional life of Abraham Lincoln includes his presidential years and also reflects on the latest scholarly thoughts about our Civil War president. A Newberry Medal Book.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

The Snow Goose ___ by Paul Gallico

The Snow Goose ___ by Paul Gallico

The Snow GooseThe Snow Goose
(2007/09/11)
Paul Gallico

商品詳細を見る

★★★★★

173冊目
2013.5.6. 読了
累計 2,451,720語

感想
風荒ぶ地の使われていない灯台を舞台に、渡り鳥とせむしの男、そしてそしてせむしの男と地元の少女の絆が深まっていく。戦争を背景にこれでもかと悲劇的な展開が訪れてしまうのだが、男にも少女にも揺るぎないものがあるからか、泣いては失礼に感じるくらいの力強い話だった。

45p
ーーー邦題 『スノーグース』 ポール・ギャリコ著

内容(「BOOK」データベースより)
"A tale of exquisite sentimentality and storytelling gains new appeal in Barrett's magical hands . . . a lovely reworking for a whole new audience."
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

Jonathan Livingston Seagull ___ by Richard Back

Jonathan Livingston Seagull ___ by Richard Bach

Jonathan Livingston SeagullJonathan Livingston Seagull
(2006/01/03)
Richard Bach

商品詳細を見る

★★★★★

172冊目
2013.5.5. 読了
累計 2,446,220語

感想
1972,1973年のベストセラーだ。
あらすじを書いてしまうとそんな話が面白いのか?!と思われそうなお話なのだが、何ともいえない力のある作品だった。最後は悲しい結末では決してないのに、涙がこぼれた。目座すものへの莫大な距離感にもがいている自分を感じることってままあると思う。そんな自分に大きな糧となる本だった。

112p
ーーー邦題 『かもめのジョナサン』 リチャード・バック著

内容(「BOOK」データベースより)
『かもめのジョナサン』原作。「ほとんどのカモメが、飛ぶことに関して学ぶのは、いちばん単純な事実だけだ。海岸から食べ物のあるところまで到達し、また戻ってくること」。ジョナサン・リビングストン・シーガルという名の風変わりな鳥を描いたこの寓話の中で、著者リチャード・バックは語る。「たいていのカモメにとって、大切なのは飛ぶことではなく、食べることだ。しかし、このカモメにとっては、食べることではなく、飛ぶこと自体が重要だった」。飛行は、まさにこの物語の意義を高める、象徴的行為である。この寓話に込められた究極の意味は、たとえ、群れや仲間あるいは隣人から自分の野心は危険だと思われても、より高尚な人生の目的を探求することは大切だ、ということだ(われらが愛するジョナサンもある時点で、自分の群れから追放される)。妥協せず自分の気高い理想を守ることで、ジョナサンは、超越という究極の報酬を得た。そして最後に愛と思いやりの真の意味を知るのである。ラッセル・マンソンによる幻想的なカモメの写真が、この物語にふさわしいイラストとなっている。ただし全体的なデザインは、多少時代遅れの感があるのは否めない。しかしながらこの作品に流れる精神は不朽であり、とりわけ、若者の心を惹きつけてやまない。
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書
genre : 本・雑誌

The Door in the Wall【Newbery Award 1950】

The Door in the Wall ___ by Marguerite de Angeli
1950年 ニューベリー賞受賞作品

The Door in the WallThe Door in the Wall
(1990/07/01)
Marguerite De Angeli

商品詳細を見る

★★★★★

170冊目
2013.5.2. 読了
累計 2,431,520語

感想
かなり地味な語り口のお話なのだが、それでもやはり伝いたいこと、描きたいことを力強く感じた。
中世の言葉なのか、慣れない会話文だったが、本の最後の頃には自然と慣れ、いい訓練だったかも。
修道士さんの生き生きした生活も垣間見え、脱帽だった。
心を腐らせることなく、壁にドアを穿っていく主人公の成長が誇らしくなりながら読んだ。

128p

内容(「BOOK」データベースより)
Ever since he can remember, Robin, son of Sir John de Bureford, has been told what is expected of him as the son of a nobleman. He must learn the ways of knighthood. But Robin's destiny is changed in one stroke: He falls ill and loses the use of his legs. Fearing a plague, his servants abandon him and Robin is left alone.
A monk named Brother Luke rescues Robin and takes him to the hospice of St. Mark's where he is taught woodcarving and--much harder--patience and strength. Says Brother Luke, "Thou hast only to follow the wall far enough and there will be a door in it."
Robin soon enough learns what Brother Luke means. And when the great castle of Lindsay is in danger, it is Robin, who cannot mount a horse and ride to battle, who saves the townspeople and discovers there is more than one way to serve his king..
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

The Summer of the Swans【Newbery Award 1971】

The Summer of the Swans ___ by Betsy Byars
1971年 ニューベリー賞受賞作品

The Summer of the SwansThe Summer of the Swans
(2004/04/12)
Betsy Byars

商品詳細を見る

★★★★★

169冊目
2013.5.1. 読了
累計 2,411,520語

感想
病気で脳に障害を負った兄弟に対する赤裸々で真っ直ぐな思いが伝わってくる。
クセのあるおばさん。不器用なお父さん、19歳に相応しい賢さを垣間見せるお姉さん、と登場人物も個性的でその中で自分を見つめ直して行く主人公サラが描かれている。
読みやすい文で一気に読めた。

148p
ーーー邦題 『白鳥の夏』 ベッツィー・バイアース著

内容(「BOOK」データベースより)
This resource is directly related to its literature equivalent and filled with a variety of cross-curricular lessons to do before, during, and after reading the book. This reproducible book presents an exciting approach to teaching well-known literature! It includes sample plans, author information, vocabulary building ideas, cross-curriculum activities, sectional activities and quizzes, unit tests, and many ideas for culminating and extending the novel.
ーーーーーーAmazonサイトより

theme : 洋書の児童書
genre : 本・雑誌

プロフィール

AmazonLily

Author:AmazonLily
小さな日常の積み重ね、大事にしたいな♪
本を読むことで世界が広がりますように、、心が豊かになりますように、、

カテゴリ

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ランキンク

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

本棚<ファンタジー>

本棚<ミステリー>

本棚<絵本>

本棚<児童書>

 

本棚〈Roald Dahl〉

★Newbery Award★

★Carnegie Medal★

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
1108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
53位
アクセスランキングを見る>>

訪問カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。