FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Higher Power of Lucky【Newbery Award 2007】

The Higher Power of Lucky ___ by Susan Patron
2007年 ニューベリー賞受賞作品

The Higher Power of LuckyThe Higher Power of Lucky
(2009/01/06)
Susan Patron

商品詳細を見る

★★☆☆☆

135冊目
2013.2.7. 読了
累計 1,281,132語

感想
カリフォルニアの砂漠に住む人生の落とし穴に足を踏み入れたことのある大人たちとその子供達の逞しさが伝わってくる。苦しい生い立ちの少女が砂漠の自然から力をもらって実の母親から気持ちを断ち切り新しい人生を踏み出すまでの葛藤を描いたお話と言えるだろうか。
ただ、登場人物の心情や展開に合点の行かない点が多い。まず、主人公は10歳の少女なのだが、精神的にはかなり幼い。自分中心だし、状況判断力にも乏しく、自分の身近な人たちも傷つけて行くほど無神経な面も。苦境を乗り切れるようHigher Powerをどうやったら得られるか常に考えているのだが、実際に物事が好転したのは運良く世界が回ったからという印象を拭えない。
そして、別れた夫の再婚相手の子供のの養育者となるため(再婚相手の女性は死に、元夫は育児を放棄する)、フランス人のブリジットは生活を投げ打って遠いフランスからやって来て主人公の世話をする、という設定にはどうにも無理があるように思う。そしてそれを納得させるようなブリジットの心情描写はほとんどなく、最後まで謎だった。そうまでしてくれているブリジットに対して、主人公ラッキーは"自分がいるんだから他に何がいるの?"と当然と言わんばかりの振る舞い。主人公とブリジットの間に信頼や愛情を育む転機となるような出来事は描かれていなくて、最終的になぜこんな結末を迎えられるのか理解に苦しんだ。
また、この本は"陰嚢"に随分こだわって書かれており、反感や議論を呼んでいるようだ。

168p
ーーー邦題 『ラッキー・トリンブルのサバイバルな毎日』 スーザン・パトロン著

内容(「BOOK」データベースより)
10歳のラッキーは、もう1日も待てなかった。心臓にある「醜い気もちの分泌腺」と、脳のなかにある質問だらけの裂け目のせいで、カリフォルニアにあるどん底の村ハード・パン(人口43人)から逃げ出す以外に道がなくなってしまったのだ。
すべてはブリジットのせい――ブリジットがフランスに帰りたがったからだ。後見人は受け持ちの女の子のそばにいて、ずっと面倒を見ることになっているのに! それなのに、ラッキーは見捨てられてしまいそうだった。きっと、ロサンゼルスのどこかの孤児院に入れられてしまう。大好きな犬のHMSビーグルは連れて行けない場所。クッキーばかり食べている友だちのマイルスや、未来のアメリカ大統領(たぶん)で国際ロープ結び組合の一員でもあるリンカーンとも別れなくてはならない。そのうえ、正体不明の12ステップ・プログラムの会議を立ち聞きして、「大いなる力」の秘密を探ることもできなくなってしまう。ラッキーにも「大いなる力」が必要だった――それも、すぐに。
でも、砂嵐はまったくの予想外だった。
それに、世界でいちばん重いサバイバル用リュックを引きずって、砂漠に踏み込まなければならないことも――。
ーーーーーーAmazonサイトより
関連記事
スポンサーサイト

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

Secret

プロフィール

AmazonLily

Author:AmazonLily
小さな日常の積み重ね、大事にしたいな♪
本を読むことで世界が広がりますように、、心が豊かになりますように、、

カテゴリ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ランキンク

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

本棚<ファンタジー>

本棚<ミステリー>

本棚<絵本>

本棚<児童書>

 

本棚〈Roald Dahl〉

★Newbery Award★

★Carnegie Medal★

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
749位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
40位
アクセスランキングを見る>>

訪問カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。