スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Now I Lay Me Down to Sleep【Rita Award 1997 Best Young Adult Romance】

Now I Lay Me Down to Sleep ___ by Lurlene McDaniel
1997年 リタ賞 ヤングアダルト部門受賞作品

Now I Lay Me Down to SleepNow I Lay Me Down to Sleep
(2010/10/27)
Lurlene Mcdaniel

商品詳細を見る

★★★★★

168冊目
2013.4.28. 読了
累計 2,386,902語

感想
ロマンスの賞のRITA賞を受賞しているが、まるでニューベリー賞のような心の葛藤を抱きながら逞しく歩き始める高校生を描いている。がんを治療し予後の良い主人公キャリーと、再発し死に直面して行くケイスの真っ直ぐな思いをいっぱいに詰め込んだ本だ。
主人公の母親の行動は共感できず、愚かしく感じつつもどかしく読んでいたのだが、最終的にその行動に相応の結果がもたらされ、やるせない気持ちになった。
身近な人の死と真っ向から向き合う人間の器が問われているお話だ。

161p

内容(「BOOK」データベースより)
Sometimes Carrie Blake feels she just can't stand life's problems or pain. At fifteen, she's had leukemia for three years, and although the disease is in remission, she's never sure when things might change. Her parents, whose bitter divoce has left Carrie feeling torn between them, don't seem to understand how much harder they make her daily life.

When Carrie meets Keith Gardner at a cancer support group, everything seems brighter. Keith and his loving supportive family are wonderful to Carrie. Then Keith's illness worsens and he knows he can no longer fight off dying. Armed with love of family and friends, Keith chooses to participate in a hospice program, which allows him to remain at home instead of in the hospital. Carrie feels helpless as she watches Keith slip away. Will Keith's courage help Carrie to face her own uncertain future?
ーーーーーーAmazonサイトより
関連記事
スポンサーサイト

theme : ロマンス
genre : 本・雑誌

Secret

プロフィール

AmazonLily

Author:AmazonLily
小さな日常の積み重ね、大事にしたいな♪
本を読むことで世界が広がりますように、、心が豊かになりますように、、

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ランキンク

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

本棚<ファンタジー>

本棚<ミステリー>

本棚<絵本>

本棚<児童書>

 

本棚〈Roald Dahl〉

★Newbery Award★

★Carnegie Medal★

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
1505位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
64位
アクセスランキングを見る>>

訪問カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。